男性歯科助手の勤務事情

職業:歯科助手

654views

imasia_16954383_M

 

男性の歯科助手

 歯科医院で男性といえばドクターか歯科技工士です。ただ、歯科助手の男性も、数は少ないですが勤務しています。女性が多かった「看護婦」も、今では「看護師」になって男性も多く活躍し、違和感も徐々になくなってきています。しかし男性の歯科助手はまだまだ少なく、違和感が強い状況です。

 

 男性の歯科助手は、女性と同じように診療補助についたり、器具の準備や洗浄をするほか、受付に入ることもあります。受付ではトークスキルのある男性は評判が良いです。

 

  • 男性の歯科助手はまだ少なく、違和感がある状況。仕事内容は女性と変わらない。

 

「男性だからこそ」という立場

 男性が歯科助手として勤務する場合、男性だからこそ、女性には任せづらい力仕事を頼まれることも多いです。石膏の運び入れなどは重いので任されてしまいます。また、元々男性が少ない職場なので、同性のドクターや歯科技工士から信頼されれば働きやすくなります。

 

 一方で、女性の目に付く様な仕事ぶりだと、事細かに指示されたり、注意されたりします。女性の多い職場では、女性の視点に立って物事を見る力があればとても良いのですが、違う視点からの理解を得られたり、新しい見方を伝えられるような人材でなければ苦しい立場になります。

 

 男性の歯科助手は数少ないですし、衛生士学校に通う男性もごくわずかです。最初は肩身の狭い思いをするかもしれませんが、歯科の専門分野は幅広く、一般歯科では小児から高齢者の治療、歯科口腔外科では手術式の抜歯、ほかにもインプラントの専門など様々な内容がありますので、得意分野を見つけてプロ意識を持つことができれば堂々と働けるようになるはずです。

 

  • 女性からの信頼を得られなければ働きにくい状況に陥る。プロ意識を持って堂々と働くことが大事。

 

男性スタッフは貴重な存在

 歯科医院では男性スタッフをあまり見かけない分、男性の歯科助手は非常に貴重な存在です。一般歯科であれば、時には年配の患者様の手助けが必要なこともありますし、小児の場合は治療の途中で暴れたりしても中断が難しいので、保護者の了解を得たうえで動かないように体を押さえなければいけないこともあります。これまで女性スタッフが苦戦していたことが、男性スタッフの協力によって楽に行える場合もあり、とても頼りになります。

 

 しかし、歯科医院の男性スタッフが当たり前の存在になるには、まだ時間がかかりそうです。男性歯科助手は恐らくドクターと勘違いされることが多いかもしれません。女性が働きにくい職業が実際にたくさんあるように、歯科助手は男性が働きづらい職業に当てはまります。医院側も受け入れる準備が不十分なことも多いかもしれませんが、男性歯科助手が入社した際には、孤独にならないような周囲の環境づくりが必要です。

 

  • 小児や高齢者の治療の補助など、男性が頼りになる場面はたくさんあるが、男性歯科助手が一般的に浸透するにはまだ時間がかかる見通し。

 

本記事は2015/08/19の情報で、内容は歯科助手としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する