歯科助手の結婚・産休・育休事情

職業:歯科助手

1172views

imasia_922198_M_R

 

歯科助手の結婚と産休事情

 歯科助手は女性が多い職業です。女性であれば結婚をするのはとても喜ばしいことですし、数年働いて結婚する歯科助手はたくさんいます。結婚しても仕事は続けられますが、結婚を期に退職を選択する人も当然います。しかし、やはり多いのは妊娠を期に退職するケースです。

 

 せっかく専門的な知識をたくさん学んだのですから、出産後もできるだけそれを活かしたいものです。産休明けも復職できる職場であれば長く勤めることができますし、安心して出産にも臨めますが、医院によっては産休制度がないこともあります。産後落ち着いてから復帰したい場合などは、再度就職活動が必要になることもあります。

 

  • 産休制度がない歯科医院もあるので、出産後の復職で転職活動が必要になる場合も。

 

歯科助手の育児事情

 女性の働く職場ならではのことですが、職場に子どもが訪れる状況がよくあります。産後の育児中に顔を見せに来てくれたり、中には子どもを治療に連れてくる人もいます。そのような環境であれば、働きやすい職場であることが分かります。

 

 求人広告には産休代理の募集がよくありますが、歯科助手は女性が働く職業にしては産休代理の募集があまり多くありません。歯科助手は新人で未経験でも働くことができるため、即戦力が必要でない限り、代わりはいるということです。

 

 産後の育児休暇が取れる医院はまだ多くはありませんが、取得できる環境であればとても良いのでぜひ活用しましょう。福利厚生も徐々に変化していますので、今後は取得できるところが増える可能性もあります。

 

  • 育児休暇が取れる医院はまだ少ないが、今後増える可能性もある。

 

歯科助手の産休・育休制度の現状

 歯科助手だから産休や育児休暇の取得が難しいということはなく、歯科衛生士もほとんど同じ状況です。医科の看護師のように産休・育休制度があまり確立されていないのは、個人病院が多い歯科では少人数のスタッフで診療を行うので、産休などでスタッフが不足すると診療に差し支えることが影響しています。

 

 就職するからには長い期間働けることを考えますから、産休の代理で就職を希望する人は多くありません。半年や1年の産休代理の人員は見つかりにくいという現状もあり、歯科医院の産休・育休制度はなかなか整わないのです。

 

 複数のドクターがたくさんの診療科目を掲げて、歯科口腔外科処置やインプラントなども行う歯科医院も最近は多いです。その場合はたくさんのスタッフを必要としますので、産休や育児休暇を設けているところもあります。

 

  • 歯科医院は少人数の個人病院が多いため、産休・育休制度が確立しづらい。規模が大きければ状況が違うことも。

 

本記事は2015/08/19の情報で、内容は歯科助手としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する