歯科助手と歯科衛生士の転職事情の違い

職業:歯科助手

235views

imasia_5382008_M

 

求人数の違い

 歯科助手の求人は多いですが、医院によっては助手を雇わず、全ての業務を歯科衛生士だけで行うところもあります。求人広告で歯科衛生士のみを募集しているのは、そのような場合が多いです。

 

 歯科助手は誰でも行うことができますが、歯科衛生士は有資格者ですので、人材確保のために各医院が工夫を施しています。例えば業務内容に見合った金額の資格手当を支給するなどです。2つの職業の求人数は一見それほど変わらないように見えますが、助手は衛生士の代わりはできないので、歯科衛生士の求人数の方が多いということになるかもしれません。

 

  • 歯科助手は、有資格者である歯科衛生士の代わりはできないので、結果的に歯科衛生士の求人が多い場合も。

 

未経験の転職

 歯科衛生士や歯科助手の求人は未経験者歓迎のものも多いです。歯科助手の未経験者は、歯式の見方なども一から理解してもらわなければなりませんので、雇用側としては即戦力が必要な時は経験者を雇いたいはずです。一方で歯科衛生士は、資格を取得しているため既に知識はありますが実務経験がない人もいます。実際の現場に出ていないければ未経験者扱いになります。

 

 前職の知識に邪魔されることなく、一から病院の方針に則って仕事を覚えてもらいたいと考えて、あえて未経験者を雇うケースもありますが、歯科衛生士より歯科助手を優先して雇用する医院は少ないです。しかし、衛生士でなくてもできる業務内容であれば、経費コストを下げるために助手を雇って役割分担をさせる医院もあります。

 

 未経験からの転職の場合、有資格者の歯科衛生士を育てていきたいと考える医院は多いですが、助手を育てたいと考えているところも当然たくさんあります。資格の差はありますが、やる気があるなら衛生士に遠慮することなくチャレンジしてみましょう。

 

  • 歯科助手を未経験から育ててくれる医院もあるので、興味があるならチャレンジすべき。

 

退職理由と復職

 歯科衛生士も歯科助手も、退職理由はさほど変わりません。女性が多いので、やはり結婚や出産などで退職するケースが多いです。育児がある程度落ち着いたところで復職する人も多く、どちらの職業も職場復帰はしやすいです。未経験者のみを募集しているケースは少なく、経験者であればブランクがあっても優遇される可能性は高いです。

 

本記事は2015/08/19の情報で、内容は歯科助手としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する