ファッションバイヤーの採用先の分類

職業:ファッションバイヤー

86views

imasia_5929307_M_R

 

大手アパレル会社のブランド担当

 アパレル会社の求人はブランド専属のバイヤーでの募集がほとんどです。そのブランドコンセプトを理解したうえで、新しいものを企画・仕入れ出来るかが必要になってきます。扱うアイテムが多いブランドならば、靴担当バイヤー・雑貨担当バイヤーなどアイテムに特化した業務になる場合もあれば、ブランド全般のアイテムを担当する場合もあります。

 

  • 応募前に、ブランドコンセプトをよく理解しておきたい。

 

セレクトショップや百貨店

 セレクトショップや専門店では、洋服、靴のみなどジャンルを絞る事もありますし、百貨店や量販店では、複数の売り場の商品を一手に引き受ける場合もあります。ジャンルが絞られている場合にはそのアイテムに特化した知識も必要になってきます。商品のアイテム数や発注数、レイアウトまで考えるので、会社の売り上げ・経営の要となります。

 

  • ジャンルが絞られている場合にはそのアイテムに特化した知識も必要。

 

ネット通販会社

 近年増えてきているのが、アパレルのネット通販会社です。ファストファッションがトレンド化される中、ネット通販は販売員が必要ない分、商品コストを抑えられ、ファストファッション並みの価格で販売しており、年々売り上げが上がっています。

 

 消費者も通販で服を買う事に抵抗がなくなってきているので、ネット通販が近年注目されネット通販会社が増えている分、人員採用枠も増えています。通販を利用する消費者は、ブランド性より今のトレンド商品をいかに安く手に入れるかという購買意欲が高いので、トレンドをつかむ力・コスト交渉・数値管理などがためされ業務内容も幅広くなる場合もあります。アパレル会社で実績を積み、ネット通販会社へ転職する人が多い傾向にあります。

 

  • ネット通販が近年注目されネット通販会社が増えている分、人員採用枠も増えている。

 

本記事は2015/08/19の情報で、内容はファッションバイヤーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する