歯科助手で求められるスキル・能力・知識

職業:歯科助手

1022views

SONY DSC

 

歯科助手に求められるスキル

 歯科助手は患者様のサポート役も担います。患者様から質問された時に、歯科関係者でない相手にも理解してもらえるように専門用語を使わずに説明できるトークスキルが大事になってきます。

 

 電話対応の場合、患者様が電話で話す内容には、歯科関係者では理解できないこともしばしばあります。入れ歯のことを差し歯だと言ったり、かぶせている歯を自分の歯ではないと思っていたりと様々ですが、患者様が訴えていることと実際の診療で分かる内容が食い違っていることはよくあります。患者様が言いたいことを上手に誘導して正しく聞き出すスキルも必要になります。

 

 また、痛い時には感情が高ぶっていることもあります。腫れている時は麻酔がなかなか効かなかったり、すぐに痛みを取り除く処置ができない場合もありますので、「まだ痛みも取れていないのに、どうして消毒しかしてもらえないのか」と問われるような場合でも、落ち着いた対応で患者様に理解してもらえるような話術があると更に良いです。

 

  • 患者様に分かりやすく説明できることは勿論、患者様がどのような症状を抱えているかを正しく聞き出すスキルも必要。

 

歯科助手に求められる能力

 歯科助手の主な役目は歯科診療の補助です。ドクターなどが治療に要するものに対して、事前に準備をしたり受け渡しをするため、要求されているものが理解できていることが必要になります。更に、臨機応変に対応できる処理能力も必要です。

 

 歯科診療には様々な材料があります。歯の中に使用する保護用セメントや接着用セメントだけでもそれぞれ数種類ありますし、歯の欠けた部分に使用するプラスチックの材料もたくさんあります。処置が変われば必要な道具も当然変わります。例えば上の歯と下の歯では準備する道具も違ってきます。

 

 ドクター等の術者に付くアシスタントの補助能力が高く、機敏に対応できれば、治療を受けている患者様の負担も軽くなります。材料の管理なども付随業務としてある場合は、必要な処置材料を常に切らさないように管理しなければなりません。

 

  • ドクターなど術者が求めるものを理解し、臨機応変に対応する能力が必要。

 

歯科助手に求められる知識

 歯科助手に求められる知識は、主に治療の流れに沿った知識です。例えば虫歯の治療なら、麻酔が必要かそうでないか、今回処置したら次はどのようになるのかを予測できるレベルの知識が必要です。歯周病治療や処置した虫歯治療などについても、患者様に理解してもらえるように説明できる知識があれば尚良いです。

 

 また、患者様はユニットと呼ばれる診察台で、治療の準備のために少し待たされれることがあります。事前に治療内容の確認がとれて準備ができていると、患者様が待たされる時間も自然に短縮され、スムーズな治療が行えます。患者様のためにも、よりたくさんの知識があると良いです。

 

 また、患者様からよく受ける質問について解答できるレベルの知識があると、患者様を不安な気持ちにさせずに済みます。ドクターや歯科衛生士などとの日頃の会話からもしっかり知識を学んで身に付けていくことが大事です。

 

  • 治療の流れと内容を理解し、次の処置が予測できるレベルの知識、患者様の質問に答えられる知識があるのが望ましい。

 

本記事は2015/08/12の情報で、内容は歯科助手としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する