歯科助手の転職と年齢

職業:歯科助手

1306views

imasia_7654521_M

 

歯科助手の転職と年齢の関係

 歯科医院はある程度年齢に関係なく働ける場所です。歯科で覚えた専門知識はなかなか強いうえに、基本的な仕組みは年月が経過してもほとんど変わりません。そのため未経験者でも歯科助手として働けますし、結婚や出産を機に退職しても、落ち着いてから再就職する人が多いのです。

 

 歯科助手の再就職は、既に歯科専門知識があるので採用率も高いです。年齢を重ねていても、それだけ経験があれば実力も伴っていることになりますから、30代、40代でも歯科助手として再就職することは十分に可能です。

 

 年齢の若い女性スタッフを多く見かける歯科医院もあります。活気ある雰囲気の職場づくりを目指す医院では、スタッフの年齢層が低いことがあります。逆に地域医療に重点を置いている歯科医院では、年齢層が高いこともあります。地域との関係が強いため、訪れる患者様が昔なじみのスタッフと会話を楽しめるくらいの良好な関係が築けているのです。

 

  • 一度歯科助手として専門知識を習得すれば、年齢を重ねても転職・再就職は可能。

 

若い年齢層の転職

 歯科医療の機械もデジタル化が進んでいます。より高度な歯科治療を取り入れるため、新規開院時に3DやCTなどの最新機器を完備する医院も増えてきています。デジタル化した最新機械を設置するとなると、年齢が高い人よりは若いスタッフの方が機械慣れしやすいということもあるので、働くスタッフが自然に若い年齢層になっていきます。必然的に歯科助手も若い年代が増えます。

 

 いくらデジタル化されているとはいっても、基本的な知識はもちろん必要です。電子カルテなどは経験のあるスタッフの力が求められますので、必ずしも若いスタッフだけで構成されるとは限りません。

 

 しかし、最新機器を取り入れた歯科医院がどのような治療をしていくのか、歯科助手としてどのような診療補助ができるのかというのは興味深いですし、若いスタッフが活躍しやすい活気ある歯科医院というのは魅力の一つかもしれません。

 

  • 最新機器を取り入れた新しい医院では、機械慣れした若いスタッフが多くなることも。

 

落ち着いた年齢層の転職

 地域医療に貢献している歯科医院では、公立小・中学校の歯科検診なども行っている場合があります。歯科検診をした小・中学校で、歯の磨き方を教えたりもします。歯科検診をしてもらった歯科医院に、そのまま虫歯治療などに訪れる子どもも多くいます。また、「いつも診てもらっているから安心」といった理由でかかりつけ歯医者になっている歯科医院では、家族全員が同じところに通っているようなケースも多く、患者様とのつながりをとても大切にしています。

 

 年配の患者様や小さな子どもが多い医院は、地域医療に注力していることが多いです。そうすると、働くスタッフも自然と落ち着いた年齢層になっていきます。もちろんその限りではありませんし、経験の長いスタッフが若い力を育てることも必要になってきます。

 

  • 地域医療への貢献を大切にしている歯科医院では、落ち着いた年齢層のスタッフが好まれる傾向。

 

医院の特色とスタッフの年齢層

 歯科助手の転職と年齢というのはさほど関係はありませんが、その歯科医院が何に力を入れているかによって、求める年齢基準が異なるというのは少なからずあります。

 

本記事は2015/08/11の情報で、内容は歯科助手としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する