歯科助手の転職と志望動機

職業:歯科助手

2397views

imasia_14263325_M

 

歯科助手としてどの分野で働きたいか

 歯科助手の転職では、歯科業界のどの分野に興味を持ったのかを明確にし、働いている姿をしっかりとイメージしながら探すと良いです。矯正歯科のような専門分野であったり、ホワイトニングを主に宣伝しているところ、歯周病治療に取り組んでいる医院や小児歯科専門など様々ですが、最も興味のある分野を見極めて自分が転職した後の姿をイメージし、希望の転職先を探しましょう。

 

 歯科業界は、様々な患者様を総合的に診ることができます。小児から成人、さらにお年を召した方々など幅広い層の患者様と触れ合えるので、新しい感覚を味わえたり、多くの刺激を受けることができます。

 

  • 一番興味がある分野で、歯科助手として働く自分の姿をイメージする。

 

歯科助手の志望動機

 歯科助手として転職するにあたり、歯科助手になりたいと思ったきっかけや、歯科業界のどの分野でどんな自分になりたいかをはっきりと伝えられるようにしましょう。難しく考えすぎず、思っていることを素直に伝えた方が、自然で分かりやすい志望動機になります。希望する分野と、それぞれの志望動機例の一部を挙げます。

 

 例①:小児歯科を希望する場合

 志望動機:「小児の歯の治療に興味があり、小児の治療の手助けがしたいと思い志望しました。」

 解説:小児歯科は、初めて歯科を訪れる小児のケアを含めて、怖がらせてしまう治療ではなく、安心して治療できるように不安を取り除いてあげることから学ぶことができます。それを志望動機に含めるのも良いです。

 

 例②:矯正歯科を希望する場合

 志望動機:「歯並びを治していく中で、様々な場面で患者様のサポートがしたいと考えました。」

 解説:矯正歯科は、歯並びの状態を詳しく検査していくことから始まり、患者様の状態に合わせて様々な治療器具を使い分けていく必要がありますので、治療法や器具の知識が身に付きます。

 

 例③:一般歯科を希望する場合

 志望動機:「総合的な歯科治療を通して、特に歯周病治療についてより深く学びたいと考え、志望しました。」

 解説:一般歯科では、虫歯の状態に合わせてたくさんの治療を行います。その中でも特に歯周病の治療は、患者様自身に歯周病について学んでいただき、理解してもらわなければ治療をスムーズに進められません。歯周病についての専門的な知識が必要になりますので、必然的に歯周病について学べることになります。

 

  • その分野でなぜ歯科助手として働きたいのか、何を学びたいのかを素直に伝えることが大事。

 

本記事は2015/08/11の情報で、内容は歯科助手としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する