不動産デベロッパーを辞めたい時・退職理由

業界:不動産デベロッパー

14views

imasia_10991722_M_R

 

多忙による極度の疲労を感じた場合

 各社、様々な理由で退職する方がいますが、少なくない理由が体調面の不調です。不動産デベロッパーの多忙さの原因は様々ですが、中でも住宅関係はオフィス賃貸のように長期目線ではなく短期決戦を目指しているため、目標が達成されるまで大変な労力を必要とします。それも、配属されてから異動するまで続くことが考えられるため、たとえ給料が良くても精神的、肉体的に参ってしまう場合が少なくなく、それが退職理由につながるケースが目立ちます。

 

 無論、オフィスや商業施設においても、竣工まで各社の調整や竣工後もテナントとの絶え間に交渉等に見舞われたりと、多忙に変わりはありません。基本的に法人相手が多いため、比較的ビジネスライクに話を済ませてくれる場合が多いので、住宅よりは多少ましではあるものの、多忙であることは変わらないので、精神的、肉体的な強靭さが不可欠です。

 

  • 特に短期決戦を強いられる住宅関係は、体力的にも精神的にも負担が大きく、退職につながるケースも多い。

 

年収アップや大手への転職

 不動産デベロッパーという業界は、基本的に他業界よりは給与が優遇されているケースが多いですが、それでもその給与以上を求める人、または今いるデベロッパー以上の大手のデベロッパーへ行き、さらなるステップアップを目指す人は、退職することが多いです。

 

 この業界は各社それぞれに強みと弱みがあり、自分の描くキャリアプランと自社の方針とが必ずしも一致するとは限らないため、ある程度の力を蓄えた人は、給与アップも含めた自分の描くキャリアパスの実現のために新天地に向かうということが多いのです。

 

  • 年収アップやステップアップなど、自身のキャリアプラン実現のために転職するケースもある。

 

独立開業へのアプローチ

 かなり少数派であることは間違いないですが、不動産デベロッパーで培ったスキルを活かし、独立開業をする人もいます。その際に多いのが、不動産鑑定士や建築士、宅地建物取引士等の士業資格を利用した開業です。

 

 独立開業を目指す人にとって、不動産デベロッパーでの勤務経験は非常にお得なのです。というのも、不動産デベロッパーは不動産開発業を営むにあたり実に様々な業務を処理する必要があります。その中には、他の不動産業界ではなかなか得られない貴重な経験を積むチャンスもあり、独立開業した際に大きなアドバンテージになることは間違いないのです。

 

 ただ、不動産業界は総じて敵が多く、また既得権益が非常に高い参入障壁となるため、安易な発想で退職することは賢明ではありません。

 

  • デベロッパーの勤務経験を活かして独立開業する人も若干いるが、十分なプランを練ってから行動すべき。

 

本記事は2016/11/30の情報で、内容は不動産デベロッパーでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する