不動産デベロッパーの建築士の求人

業界:不動産デベロッパー

7views

imasia_15039409_M_R

 

建築士を求める求人は意外と少ない

 不動産デベロッパー本体が建築士を募集するケースは比較的少ないです。というのも、大手の場合は特にですが、自社のグループ会社に設計会社を設けているケースが多く、採用の多くはそちらで実施されているからです。

 

 ただし、そういった状況ですので、不動産デベロッパー本体が建築士を求めている場合は、より良い待遇が期待でき、かつ大規模な仕事を担当できる可能性があります。ただし、採用人数が5名以上になることは皆無に等しく、採用の幅は本当に狭き門となります。

 

  • デベロッパーは設計会社をグループ会社として設けていることが多いため、デベロッパー本体が建築士を募集するケースはかなり少ない

 

デベロッパーの建築士として求められるもの

 不動産デベロッパーにおいて建築士に求められるものは、比較的絞られています。主に、オフィス・商業施設・住宅のいずれかを設計した実績があるかどうかです。

 

 また、不動産デベロッパーに勤務する建築士の悩みどころが、事業性を第一とするため、建築士として培ってきたノウハウやデザインの関する知識、こだわりなどが上手く反映できないことも多々あるという点です。デベロッパー専属の建築士となる場合、それらのこだわりなどを切り捨て、ある程度機械的に処理できる精神も必要となってきます。

 

 ビジネスというシビアなフィールドでの戦いとなるため、自由な建築という世界からは本当に遠く離れてしまうケースが多いですが、その制限の中でも隙を見て個性を発揮する建築士は数多くいますし、彼らが建築する物件というのは素人目にも分かる洗練さがあります。ですので、不動産デベロッパーの建築士を目指す場合は、それらの制限にめげない心と限られたフィールドで自身を演出するタフさを兼ね備えてからの応募が賢明です。

 

  • 事業性第一のため自由な設計がし辛くなるので、制限の中でも自身を最大限演出するスキルと精神的タフさが必要となる。

 

本記事は2016/11/30の情報で、内容は不動産デベロッパーでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する