銀行員に身につく知識やスキル

職業:銀行員

13views

imasia_11127294_M_R

 

資格取得で身につく知識

 銀行に入行すると、まず証券外務員1・2種、保険販売に関する資格の取得をします。銀行業務検定を必須にしている銀行もありますが、法務や税務、財務、年金アドバイザーやリスク管理などのジャンルがあり、幅広い知識をつけることになります。

 

 推奨資格である簿記やファイナンシャルプランナーなどに挑戦すれば、自分次第でさらに知識の幅は広がります。

 

  • 銀行員の必須資格の取得によるスキルアップは見込める。推奨資格などもあり自分次第でさらにスキルアップできる。

 

支店業務を行う上で必要になる知識やスキル

 支店業務に関して、一般職と総合職に分けて考えます。

 

  • 一般職は、銀行が取り扱うサービス(預金や振込など生活ベースのサービス)についての一通りの知識と手続きに関するスキルを身につけます。
  • 総合職は、営業活動をする上で、銀行のサービスに加えた知識が必要になります。個人の資産運用担当になれば、取扱い投資商品の知識、マーケットに関する知識、住宅ローン担当になれば、ローンの仕組み、金利動向、ライフプラン設計のアドバイスができる知識などを取得します。

 また、どんな業務においても、国内外の政治・経済動向などもチェックしておく必要があります。日経新聞は金融マンには必須のツールですが、新人研修では読み方のポイントなどの講習時間もあります。税制改正なども運用、融資どちらにも関わってくることがあるので押さえておく必要があります。金融業界の知識は日々変化の激しいものが多いので、日々知識習得に努める必要があります。

 

 店内のコミュニケーションスキルも重要です。上司の承認を得ないとできない提案や、店内に戻れば事務作業は事務職の人に託すことになりますし、色んな立場の人とうまく連携して仕事を進める能力も営業活動では大切なポイントです。

 

 支店業務で課長以上の役職に就けば、支店をまとめる役割を果たさなければなりません。支店目標数字を達成するためのマネジメント能力、店舗づくりマーケティングのスキルなど、金融以外のスキルアップも必要になります。

 

  • 支店業務では一般職・総合職での違いや勤務年数などの違いにより個々に身につくスキルがある。

 

本店業務を行う上で必要になる知識やスキル

 本店業務では、様々な部署がありますが、支店営業で培ってきた経験知識を元に、それを深めた業務や、今までと全くジャンルの違う仕事をすることもあります。

 

 例えば市場部は詳しいマーケットの知識が要求され、銀行全体の資金を取り扱うため金額も膨大です。コンプライアンス部は法令など、人事部は教育や採用など、新しい知識をつけながらの業務になります。配属替えが3年~5年のスパンであり、総合職は様々なスキルや知識を取り入れることになります。

 

  • 総合職で本店勤務になれば、支店業務などでは経験しない様々なジャンルのスキルを身につけていける。

 

本記事は2016/11/30の情報で、内容は銀行員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する