銀行員の1日のスケジュール

職業:銀行員

14views

imasia_7708229_M_R

 

一般職の1日のスケジュール(支店勤務)

 一般職の1日のスケジュールは、朝はだいたい8時~8時20分くらいの間で出社します。新人は8時にきて清掃からスタートします。8時40分の朝会までの間に、メールや通達などを確認、事務のルール改定などがないかチェックします。またマーケット情報などもチェックします。

 

 朝会が終わると9時~15時までは窓口が開いていて、窓口対応か後方での事務を行います。間に交代制の休憩を挟みます。15時の閉店後は現金突合で1円でも合わなければ合うまでチェックがあります。

 

 現金を確認したら伝票整理などを行います。定期預金満期の期日案内やクレジットカードの案内の電話をすることもあります。事務の勉強会があれば参加し、夕方17時~19時くらいで帰宅になります。

 

  • 支店勤務の一般職の場合は、店舗の開店時間に沿ったスケジュールになっており、残業なども少ない。

 

総合職の1日のスケジュール(支店営業職)

 総合職の1日のスケジュールは、朝はだいたい8時ごろ出社します。8時40分の朝会までの間に、1日のアポイントの事前準備や確認、メールやマーケットのチェックを行います。朝会では新聞の読み合わせもあるため、注目した記事にコメントができるようにすることもあります。

 

 朝会が終わると支店は開店し、同時に営業職は各々のスケジュールで動きます。アポイントも日により入れ方は様々ですが、多いと午前中2件、午後4件くらい面談したりします。1時間を目安にスケジュールを組むと1日5~6件が限界になります。

 

 営業店に戻ると外で受けた仕事に対しての事務作業および記録や稟議書の作成などを行います。次回アポイント取得のための電話の時間も作ります。夕方にマーケットや運用商品の勉強会があることもあります。日中外に出ると事務作業が残ってしまうため、帰宅退店時間も遅くなります。

 

 夕方から全体で打ち合わせの日があったり、運用会社の人が来て店内で勉強会があったり、ロールプレイングを行うこともあり、スケジュールが入っている場合は外訪の件数を少なくして調整しています。

 

  • 総合職の場合は一般職と違い、残業も多く業務の幅も広い。

 

本記事は2016/11/30の情報で、内容は銀行員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する