銀行員の適性(向き・不向き)

職業:銀行員

18views

imasia_13208064_M

 

正直・誠実・真面目である

 銀行での仕事には、お金に関わるたくさんの業務があります。キャリアや勉強を積んでいかないと分からないこともたくさんありますが、分からないときには分からないと正直なることが大事です。

 

 総合職で入行した場合、ほとんどの人が最初は個人・法人営業を担当します。お客さまから質問されたことについて、分からずに曖昧なことを伝えるなどあってはなりません。後から訂正すると「あの人は嘘を教える、いい加減な人」と信頼を失い、大事な資金の相談もしてもらえなくなります。「勉強不足で申し訳ありません、次回の宿題とさせて下さい。」と分からないことは持ち帰り、迅速に回答を出し誠実に努めることが大事です。

 

 ただし、年次が上がっていつまでもその状態では困るので、日々真面目に自己研鑽に励む姿勢も大切です。これが出来ないと銀行員としては厳しいです。

 

  • 信頼が大切な銀行員の業務では正直さ・誠実さは第一に大事な要素。

 

口が軽く、ルーズな人は向かない

 銀行は、お客さまの情報を多く取り扱う仕事をしますので、守秘義務を果たさなければなりません。

 

 窓口や個人営業担当などは個人の金融資産や住所などの個人情報を、法人担当なら経営状況や財務状況、上場企業なら株価にも影響してくるような情報を取り扱います。知り得た情報は公開してはいけませんし、情報の取扱いにも厳重な決まりがいくつもあります。

 

  • 口がかたく、銀行内での決まりをしっかりと守れる人でないと銀行で務めるのは難しい。

 

学びを楽しめる人

 銀行ではたくさんの金融関係の資格を取得します。資格取得の勉強などが苦になる人は向いていないでしょう。またお金に纏わる様々な業務がありますが、事務やオペレーションなど行内で仕事を進める上で知っておく必要があるものも多く、研修も他の業界に比べると多いです。

 

 銀行での営業の仕事に就けば、個人、法人のお客さまも自分よりも年齢、経験も高いお客さまに出会うことのほうが多く、少しでも近い距離感を作るには、お客さまの関心ごとに興味を持って自分も学び、話題づくりができるようになることも大切です。

 

 歴史、文学、芸術、美術など業務と関係ない知識にも関心をもち、日頃の経済や政治動向などは新聞や雑誌などでもチェックし、常に高いアンテナを張って学ぶ姿勢を持ち続けられる人が銀行員としても向いています。

 

  • 金融系資格の勉強以外にも幅広いジャンルの知識に精通できる勉強熱心な人に適性がある。

 

本記事は2016/11/30の情報で、内容は銀行員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する