不動産デベロッパーの転職と面接

業界:不動産デベロッパー

8views

imasia_9331577_M

 

不動産業界経験者の面接

 不動産デベロッパーの出身者もしくは不動産業界出身者の面接の場合、面接内容は主に自身の業務経験というところに焦点が絞られてきます。

 

 もちろん面接官によって多少差異は見られますが、新卒と違い、業務においての実力や資格取得に至る意識、不動産デベロッパー経験者においては、なぜ今の会社を辞めてうちの会社に来るのかという部分を事細かに聞かれます。場を和やかにするため、ゆるやかな質問でつなぐこともありますが、本音はその部分が聞きたいため、自然と面接はその方向へと流れて行きます。

 

 自身の経歴やアピールポイントを語る際、自身の経歴やスキルもさることながら、採用後の展望、その会社で何を成したいのか、そして、その成したいと思う内容が会社の今後の展望とマッチしているのか等、未来を見据えた姿勢を示しましょう。面接官は採用後の配属先まで見据えているため、その手助けとなるアピールをすることは、採用へ大きく前進できるポイントとなります。

 

  • 業界経験者の場合は、業務経験や自己研鑽の意識、この企業を選んだ理由を細かに聞かれるため、将来の展望を明確に示すことが大事。

 

業界未経験者の面接

 まず、未経験でエントリーシートや履歴書が通過したという時点で、かなり期待されていることが多いです。というのも、キャリア採用において不動産デベロッパーが他業界の人を採用する場合は、その業界に精通している人を欲しており、緊急性とまでは言わないまでも、より素早くその人材を要していることが多いです。

 

 そのため、面接では、不動産デベロッパーの知識以上に、自身がいた業界での経験やスキルを披露して欲しいというケースが目立ちます。ただ、面接官が他業界について精通しているとは限らないため、知っていることを前提に話をしたり、過剰に自信を持って話すことは悪影響となりかねないので、状況に応じてアピールしましょう。

 

  • 前職の経験やスキルを、状況を見ながら適切にアピールする。

 

面接の回数

 面接の回数は、基本的には2回がスタンダードです。人事面接を経て配属先の責任者との面接で終わるケース、各部署が人材を求めていて、かつ部署にある程度の裁量がある場合は、配属先の責任者と事業部を取り仕切る取締役クラスとの面接など、いずれにせよ現場の責任者との面接は欠かせなくなります。

 

 ただし、大手になればなるほどその回数は増え、難易度が格段に上がることがあるため、必ず求人情報に目を通し、どのような仕事をこなせる人を欲しているのかという部分に加え、どのようなステップを経て採用となるかをしっかりと把握したうえで、面接に臨むことが大事です。

 

本記事は2016/11/30の情報で、内容は不動産デベロッパーでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する