不動産デベロッパーの転職と年齢

業界:不動産デベロッパー

4views

imasia_9888576_M_R

 

20代・30代の若手が有利な傾向

 不動産デベロッパーに限らず、転職において年齢は何らかのメリット・デメリットを生み出します。特にこの業界においては、少数精鋭やゼネラリスト育成をモットーに掲げる会社が多いため、バイタリティーのある人を積極的に採用する方針を立てているケースが多く、そういう意味では比較的20代、30代の若年層が優位に立てる場合が目立ちます。つまり、不動産デベロッパーの業界に飛び込もうと考えているなら出来る限り早い行動が必須となります。

 

 無論、不動産デベロッパー出身者の転職の場合は、仕事に対する理解度や業務推進のスキル等で年齢を年次の重みとして強みに切り替えることが可能ですが、未経験の場合は、自身の年次がすべからく優位に立てるアドバンテージになることは少ないので、やはり素早い行動を心がけるべきです。

 

 ただ、未経験者でもマネジメントスキルや人材育成スキル、中間管理者としての実務経験等を持ち合わせていることは大変大きなメリットとなるので、その際は年齢が信用の裏付けとなることもあります。

 

  • 特に業界未経験の場合は、20代、30代の若手が好まれる。

 

40代・50代の転職

 これも不動産デベロッパーに限らず、40代、50代となれば、プレイヤーとしてのスキルもさることながら、マネージャーやリーダーとしてのスキルを兼ね備えていることが前提となります。

 

 さらに異業種からの転職の場合は、自身が未経験であり、部下が業界についての知識を持ち合わせているという状況においてどのように立ち振る舞えるか、逆境にも等しい立ち位置をいかに切り抜けられるかという部分が重点的に問われます。そのため、単に業界に関する知識を持ち合わせている程度では、経験者と比較して見劣りする箇所が目立ち、あまり良い印象を持たれません。

 

 自身の経験がいかに志望する企業にとって必要であるか、自身が管理者としてマネジメントする立場になった際にその会社の運営にどのようなプラスを与えられるかを伝えることが肝となり、自身を最大限に見せることができて初めて、経験者と争える候補者となり得ます。かなり厳しい道のりとなりますが、この業界で成し遂げたいことがあるという熱意を根幹にチャレンジを重ねることです。

 

  • 自身のマネジメントスキルが応募企業にいかにプラス要素をもたらすかを伝えることが肝心。

 

入社後を見据えた準備

 晴れて採用となり、入社を迎えることとなった際、周囲からはかなり期待の目を向けられることは避けられません。特に30代・40代で採用された場合は、文字通り即戦力となることを見越して採用に至っているため、採用の条件次第ではかなり大きな仕事の差配を振るう立場として活躍することを、慣れる間もなく求められるケースもあります。

 

 そのため、採用後から実際に働き出すまでの間に、少しでも業界知識やスキルを高めておき、入社後に備えておくのが賢明です。

 

本記事は2016/11/30の情報で、内容は不動産デベロッパーでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する