銀行員の転職事情

職業:銀行員

7views

imasia_12323154_M

 

金融業界での転職が多い

 銀行員の転職で圧倒的に多いのは、金融業界内での転職です。今まで培ってきた知識や経験や資格を活かしたい方が多く、採用条件なども有利に進むことが多いためです。

 

 なぜ有利に進むかと言うと、銀行では近年、預金、融資、為替業務以外にも投資信託や生命保険などの資産運用業務やクレジットカードの作成、遺言信託など取り扱い業務も広くなっています。そのため、銀行間どうしの転職は勿論、クレジット会社や信託銀行、証券会社や保険会社と同業への転職もしやすいのです。中には他社からの引き抜きの話がきたりすることもあります。

 

 (※同じ銀行でも、メガバンクから地方銀行に転職した場合、年収が下がるケースの方が多いですが、総合職の場合だと全国転勤の負担などがなくなることもあります。)

 

 融資経験者や宅地建物取引士の資格保有者などは、不動産業などへの転職も多いです。不動産知識だけでなく資金面からもアドバイスができる点が評価されやすいです。社会保険労務士や税理士やFP1級の資格を取得し、独立して個人事務所を始める人も少数ながらいます。

 

  • 銀行員は幅広い金融関係の業務経験を積めるので同じ金融業界での転職が多い。

 

企業の経理・経営部門への転職

 融資業務(特に法人営業)では、貸し倒れを起こさないために企業を審査する仕事をします。財務諸表を読み込む知識などが必要となります。簿記や中小企業診断士などの資格を取得している者もいます。そのため一般企業への転職の際には経理・経営部門などに転職できることもあります。

 

 ただし、経理への転職の場合、知識は保有していても経理の仕事では初心者であるため、年齢があがるほど他業界の企業経理に就くことは難しくなる傾向もあります。経営部門に携わるには、銀行でも役職に就いていたり、経歴も重要視されます。

 

  • 金融業界以外での転職例としては経理・経営関係の仕事もある。

 

一般職は事務転職・復職に強い

 一般職の事務の仕事は、お金を扱うことに関わる事務が多いため、迅速、丁寧、正確な事務が求められます。そのため、「銀行事務経験者はレベルが高い」と一般的には受け取られことが多く、事務転職に有利に働くことが多いです。

 

 ただし、銀行の事務はオンライン入力と伝票・書類整理などが主な内容のため、入力の速さや整理能力などは長けていますが、ワードやエクセル業務は頻繁に使うことが少なく、スキル不足な人もいます。その点をマイナスにとられるケースもあるので、転職を視野にいれるなら自己啓発で業務とは関係なくてもパソコンスキルは磨いておく必要があります。

 

 転職とは異なりますが、一度結婚・出産で銀行を退職していた者が、派遣スタッフとして復職するケースも多いです。銀行の派遣スタッフは時給も高く、定時で上がれたりと家庭との両立もしやすく人気が高いです。

 

  • 銀行員の一般職経験者は事務系での転職や復職はしやすい傾向にある。

 

本記事は2016/11/30の情報で、内容は銀行員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する