不動産デベロッパーの仕事内容(商業施設・リゾート・不動産投資)

業界:不動産デベロッパー

11views

imasia_11971533_M

 

商業施設関連の仕事

 不動産デベロッパーの商業施設の仕事の場合、大きく分けて2つのパターンがあり、オフィスや住宅と連動した複合施設としての仕事と、ショッピングモールのような商業のみの施設での仕事があります。複合施設の場合は、オフィスや住宅の住民へのサービス面の色合いが強く、完全な商業施設はランドマークとして幅広く展開していく姿勢を持つところに違いがあります。

 

 また、仕事内容としては、どちらの場合も一見するとオフィスと大差ないように見えるのですが、賃料の取り方に違いがあります。多くの場合、ベースとなる賃料に加え、テナントの売り上げの何%かを賃料に含める契約形態が目立ちます。そのため、商業施設関連で勤務する場合は、テナントの売り上げを向上させることに注力することとなり、施設全体の盛り上げ役となり、テナントをけん引していく必要があります。積極的にイベントを企画したり、各テナントの店長たちと打ち合わせしたりと、アクティブでクリエイティブな力が必要とされます。

 

 また、デベロッパーから見た契約上の顧客はあくまでテナントなのですが、そのテナントの顧客たる個人客もまた賃料に影響する大切な顧客となるため、施設の清掃やテナントの個人客への対応等もしっかりと指導するスキルを養成しなければなりません。加えて、他社の商業施設の視察、素敵な料理店の把握、流行やトレンドの理解等、常に商業という分野において最先端である必要があります。

 

 施設全体の利益や知名度の向上を目指し、利用するすべての顧客に満足を得てもらうために日夜尽力することこそ、商業施設で勤務する人の使命となります。

 

  • 商業施設に従事する場合は、各テナントの売り上げや施設の知名度の向上、来店顧客の満足度向上などに尽力することとなる。

 

リゾート関連の仕事

 リゾート関連の仕事において最も重要となるのが、コンセプトをどのようなものにするかということです。もちろん、他の仕事でもコンセプトを明確にすることは大前提なのですが、非日常を演出することを求められるリゾートの仕事においては、その施設が一体どういう顧客をメインターゲットとしており、どのようなサービスをもって癒しをもたらせるのかを表現することに一層の重きが置かれます。

 

 ターゲットの絞り方は、個人客をメインとするため、住宅と類似する点も多いのですが、日常と非日常の明らかな線引きを持つ中で、より繊細なおもてなしの精神や価格以上の価値の提供を考案することが、リゾート関連の仕事に従事する人の使命です。

 

 また、リゾート施設を利用する方は土日をメインに訪れるので、会社によっては休みが不定期となることもあり得ます。さらに、商業や住宅とは別の観点で顧客の満足を得られる流行等を把握する必要があるため、常にセンスを磨く努力が欠かせません。

 

  • リゾート施設においてはコンセプトが最も重要であり、非日常の空間でいかに顧客満足度を上げられるかに重きが置かれる。

 

不動産投資関連の仕事

 不動産投資に関連する仕事は金融的側面が色濃いため、不動産としての視点もさることながら、信託銀行や資産運用会社などと協働することが多く、金融知識というものを付けることが欠かせません。個人・法人問わず、投資者の利益を確保するため、自社物件とは比にならないほどのシビアな管理能力や交渉力が必要となります。

 

 ただ、投資家のみが顧客ではなく、テナントも利益を生み出す不可欠な顧客であるため、オーナーサイドの担当者は物件をただの数字として見るのではなく、現場の在り方をしっかりと把握し、投資家への説明が必要となりますし、テナントサイドの担当者はオーナーの要望や意見を組みつつ、テナントを納得させるために、食い違いが出てきた場合は折衷案や代替案を出すなど、非常に事細かな運営能力が必要とされます。

 

 投資物件はクリーンであることが他の仕事以上に厳しく求められるため、苦心するポイントが多いですが、これらの仕事に従事することは、不動産デベロッパーで勤務していくにあたり、かけがえのないスキルや経験を取得できる可能性をつかむことができます。

 

  • 不動産投資業務においては、金融知識はもちろんのこと、高い管理能力や説明能力、交渉力が必要となるが、貴重な経験とスキルを積むことができる。

 

本記事は2016/11/30の情報で、内容は不動産デベロッパーでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する