銀行員の仕事内容

職業:銀行員

8views

pixta_22632980_M

 

社会インフラとしての銀行の仕事

 銀行は、世の中の資金を潤滑にさせ経済活動に貢献する仕事をしています。主な業務は、預金業務、融資業務、為替業務の3大業務です。

 

  • 預金業務は、お金の入出金に関わる業務です。資金を自宅に全て保管することは盗難、災害時の紛失などリスクが大きいため、銀行では安全に資金を保全する役割を果たしています。
  • 融資業務は、個人・法人の資金調達に対応し、銀行は融資に対して支払われる利率で稼ぎを得ています。
  • 為替業務は振込や送金、手形小切手の決済、公共料金の引き落としなどを行います。どの業務も経済を機能的・効率的に支える重要な仕事です。

 近年では資産運用業務も重要視されています。少子高齢化が進む中、年金制度にも限界があると言われており、個人金融資産を殖やすための運用提案は、金融のプロとして大きな役割を担っています。銀行自体も低金利での貸金収入では厳しく、投資信託や生命保険などの販売収益も必須となっています。

 

  • 銀行としての業務は預金業務、融資業務、為替業務の3大業務に加え、昨今資産運用業務も増えてきている。

 

職種別の銀行員の仕事内容

 銀行員の具体的な仕事内容は、大きくは2つの職種に分類してみることができます。

 

  • 職種別にみた銀行員の仕事~総合職~

 総合職は、特定の分野に特化せず幅広い業務を行い、キャリアアップをしていく職種です。

 

 支店では個人(主に住宅ローンや資産運用相談業務)や法人営業(主に融資業務)をし、キャリアアップすると課長、副支店長、支店長と支店運営の仕事をします。銀行本店では、主に功績や能力が認めらた人が統括、運営していく仕事があります。人事部やコンプライアンス室、商品開発室、国際部門や市場営業部門などその活動幅も多岐に渡ります。

 

 銀行本店に新人から配属されることは少なく、まず支店で営業実績を積むことからスタートします。

 

  • 職種別にみた銀行員の仕事~一般職~

 一般職は、特定の分野に特化しキャリアアップしていく職種です。メインは事務で、窓口、後方事務があり、口座開設や入出金、両替、定期作成や解約、内国為替や外国為替など様々な事務処理を行います。また融資に関する事務もあります。

 

 事務作業がメインになるため営業成績を問われることはほとんどありませんが、一部投資信託など運用相談窓口などを対応する場合は成果が求められます。事務職には派遣スタッフも多くいるので、統括しながら運営していくことも一般職の役割の一つです。

 

  • 多くの銀行で、銀行員の仕事内容は総合職と一般職で大きく2つに分類される。

 

本記事は2016/11/30の情報で、内容は銀行員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する