不動産デベロッパーの年収相場

業界:不動産デベロッパー

16views

imasia_13660654_M_R

 

20代の年収は各社とも大きな差がつかない

 いわゆる大手デベロッパーにおける20代の年収は、各社それほど大きな差はつかず、入社1~3年目においては400万~500万円程度、30歳を迎える頃には600~700万円程度となります。それ以降は役職に就くか就かないかで大きく差が開くことになり、役職に就けば更なる飛躍、そうでなければ頭打ちというのが現状です。

 

 ただし、各社の福利厚生やインセンティブの大小でこれらの金額は大きく前後するので、待遇面には必ず目を通しておくことが大事です。特にマンション開発を主軸とするデベロッパーにおいては、インセンティブが収入の大小に強く影響してきます。また、一般的に年収の高い業界ではありますが、相応の激務が付きまとうケースが多く、ある程度の体力・気力は必須です。

 

  • 大手デベロッパーの20代の年収は400~500万円ほど、30歳で600~700万円ほどが相場。以降は役職の有無で差が出る。

 

30代以降の年収は実力勝負

 ある程度年次を重ね、脂が乗り始めると、ここからは実力勝負の世界となり、それにより大きく年収が変わってきます。特に、本社単体で何千何万と社員を抱えているケースは少なく、少数精鋭を謳う会社が多いため、「何々の役職までエスカレーター」ということは少なく、相応の実力・結果を求められます。

 

 このレースに勝ち、役職を得られれば、年収は40歳を迎えるまでに1000万円を目指すことも可能となります。ただし、これはかなり狭き門となってくること、相応の業務量が降ってくるということを肝に銘じておかなくてはなりません。

 

  • 実力と結果によって役職に就けば年収1000万円も可能だが、狭き門であり、業務量も膨大なものとなる。

 

管理職、役員クラスまで登りつめられれば高年収が期待

 デベロッパー各社の管理職クラスになれば年収は1200万円~1500万円を狙え、役員クラスともなればさらにそれ以上となります。生涯年収においても、他の企業以上になれるケースが多いです。また、仮に本社の役員になれなくても、一定の成果を上げている場合は、子会社や関連会社の役員に就けることがあります。

 

 ただし、先述のとおり、社員数が少ないという実態はどこも相違なく、管理職の席も役員の席も数が限られており、椅子取りゲームは熾烈を極めます。

 

  • 管理職や役員クラスともなれば年収は青天井だが、相当の狭き門。

 

出世に失敗したら、年収は?

 不動産デベロッパーにおいて、出世の失敗はつきものです。つわもの揃いの狭い社会での争いとなるので、出世の頓挫など日常茶飯事です。そのような業界で役職に就けず、一般社員や主任・係長等のクラスで落ち着く場合、年収は40代で700万~800万円ほどとなります。無論、一般的に見れば高水準ではあるものの、役職に就かないからといって業務量が減るわけではないので、ある程度相応の金額と言えます。

 

 また、各社定年後も引き続き再雇用してもらえるケースが多いものの、その際は子会社での再採用となることが大半で、上記の年収よりも数百万少ない金額での勤務を求められます。

 

本記事は2016/11/30の情報で、内容は不動産デベロッパーでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する