不動産デベロッパーの採用職種の傾向

業界:不動産デベロッパー

23views

imasia_5540159_M_R

 

総合職以外の採用はほとんどない

 不動産デベロッパーの募集は総合職採用が多く、一般職や事務職といった内勤のみの採用はほとんどありません。事務に関しては総合職の人が行っていることがほとんどであり、サポート業務は派遣社員が遂行しているケースが多いです。また、一般職を採用している会社でも、新卒採用がメインであり、キャリア採用はほとんどありません。

 

 ただし、子会社や関連会社での採用はあり得るので、一般職を希望する場合にはそちらの求人にも目を通しておくと良いです。

 

  • 総合職採用がほとんどであり、一般職の採用はほぼ見られない。

 

各部署の人材強化のためのプロフェッショナル採用も

 会社全体として、人材強化を図るため、ポテンシャル等を見て採用するケースもなくはないのですが、それ以上に各部署の人材強化のためにプロフェッショナルを募集するケースが圧倒的に多いです。

 

 その際、募集がかかるのが、宅地建物取引士(宅建士)を保有しかつ不動産売買に精通している人、一級建築士保有者であり過去に実績のある人、建設業界で現場監督や責任者を経験している人等、その部署で必要となる業務経験者であることが最低限必要となるケースが目立ちます。それにプラスして、他の業界経験や特殊技能などを見て採用に至るため、不動産に対する一定の理解を持ちつつ、独自の専門性を求められます。

 

  • 各部署の人材強化のために、宅建士や一級建築士の資格保有者で、不動産関連の実績や経験が豊富な人を採用するケースが多い。

 

稀にコーポレート部門や広報等の採用あり

 デベロッパーの募集において、全て不動産関係のプロフェッショナルを採用しているわけではありません。特に財務・法務等、金融や法律知識など、この業界に浸かっている人たちの苦手な部分などを補うためのコーポレート部門での募集もわずかながらあります。

 

 また、マンションを扱っているデベロッパーにおいては、広報は欠かせない業務であり、広告代理店との折衝などでの活躍を期待して、その出身者を採用するケースもあります。

 

 ただし、志望動機もさることながら、不動産に興味を持った理由を理路整然と話せることや、他の部署に配属となった際にある程度スピーディに対応できることが最低限の条件となってきます。採用手法や求める人材像などはその会社やその部署で変わってくるので、必ず募集要項に目を通して詳細な条件等を確認しておきましょう。

 

  • 管理部門や広報の募集も稀にあるが、不動産への興味やどの部署でも活躍できる柔軟性と対応力を求められる。

 

本記事は2016/11/30の情報で、内容は不動産デベロッパーでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する