製薬会社の営業職の求人

業界:製薬会社

21views

imasia_6613423_M

 

医師や病院とのコネクションが重要

 製薬会社の営業職へ転職する場合、学歴等よりも、いかに多くの医師や病院とのコネクションを持っているかが重要になってきます。

 

 製薬会社の営業職の経験者の場合、医師や病院から厚い信頼を受けるにはどのような行動を行ってきたかなどを質問されることも多いです。具体的な回答例として以下などが挙げられます。

 

  • 医師から文献の提供の依頼を受けた場合、その周辺技術の関連した情報もあわせて提供する
  • 医師からの質問・要望に対しては、迅速に、医師の期待を上まわる対応を行う
  • 開業を希望している病院の勤務医に対しては、有用な情報の提供を行う
  • 患者の病状に応じて、他社の製品も含めて適切な薬の処方を提供する
  • 経験の少ない看護師やスタッフの教育のサポートを行う

 また、販売する製品に関して、文献を読んだり、関連する多くの学会に参加していることなど、自発的に製品に対する知識を深めようとする姿勢などもアピールできる点になります。

 

自社の製品をいかにして販売してきたか

 製薬会社の営業職の経験者の場合、製品の販売手法について、どのように工夫しているかという質問も想定されます。具体的な回答例として以下などが挙げられます。

 

  • 自社の製品が何の病気に使われるものか、および、そのメカニズムを説明する
  • 他社の製品と比較してのメリットは、なにか(副作用、薬効、薬価など)を説明する
  • 自社製品を投与の際した使い方を説明する
  • 他の薬との相性、禁忌などについて説明する
  • 薬剤の見易さ、シートや個装ケースのデザインなど工夫している点を説明する(例えば、類似の薬品と間違えないようにカプセルの色を変えてあるなど)

 他社の同様の製品との競争に勝って、自社の製品を病院などに販売できるかどうかなどについても説明することができれば、採用に有利に働きます。

 

転勤や時間外労働は避けられない

 製薬会社の営業職に限らず一般的に多い退職理由に「転勤や勤務地の問題」がありますが、製薬会社ではどの会社でも転勤がないということはほとんどありません。転職する場合においても、その点は覚悟の上で採用試験を受けましょう。

 

 また、営業職では、例えば、勤務時間外に医師と飲食する、休日に医師の趣味に付き合うなど、医師との信頼やコネクションを強くするために滅私奉公的な仕事を行わなければならない場合があります。その点も覚悟が必要です。

 

他の職種の営業職からの転職は難易度が高め

 他業種、例えば、他の製造業、化学品、食品や電機メーカーの営業職と比較して、製薬会社の営業職というのはかなり特殊な職業です。

 

 前記した職種のメーカーの営業職では、会社対会社で付き合うのに対し、製薬会社の営業職は個人対個人の付き合い(主に医師に信頼を得ること)になります。したがって、その営業手法も、他の職種の製造業の営業職とは、全くその営業方法が異なります。そのため、他の職種の製造業で営業職での経験はそこまで生かせず、即戦力が欲しいという製薬会社のニーズに答えることができないケースも多いです。

 

 結局、新入社員とあまり変わらない人をわざわざ給与の高い中途社員として採用する必然性はありません。したがって他の職種の営業職からの転職は難易度が高めです。

 

本記事は2016/11/24の情報で、内容は製薬会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する