製薬会社の研究職の求人

業界:製薬会社

35views

imasia_8440557_M

 

製薬会社の研究職の「新卒」と「中途」の違い

 製薬会社の研究職への新卒の新入社員の採用においては、一般に、非常に高い学歴、具体的には偏差値の高い大学の修士卒以上の学歴が要求され、もしその学歴のレベルが一定以下であると、書類選考で落とされてしまい、面接試験に進めないこともあります。

 

 一方、製薬会社の中途採用の場合、学歴の高さよりもより重視されることは「即戦力としてすぐに活躍できるかどうか」になります。そのため、高い学歴よりも前の会社での実績や前の会社特有の良いスキルを習得していることが必要です。採用試験では即戦力としてすぐに仕事ができることを論拠も含めて説明できることが重要です。

 

 また、他の就職志望者との差別化をするために、転職先の製薬会社のニーズにあった自分だけにしかないスキルなどを説明することも、採用への可能性を高めます。

 

  • 製薬会社の研究職は新卒であれば「学歴」、中途であれば「即戦力」が大前提として求められる。

 

製薬会社の研究職で多い求人

 一般に製薬会社の研究職といっても、合成、薬理、製剤、工業化検討、基礎研究など、種々の業務がありますが、最も求人が多いのが、病気に有効な化合物を合成する研究職の求人になります。一方、多くの製薬会社で、薬理、製剤、基礎研究等の研究職の中途採用の求人は、あまり多くありません。

 

 病気に有効な化合物の合成研究の主な目的は、その病気のメカニズムのわかっている、または推定されている病気に対して、より多くの有効な化合物を合成して、競合他社よりいかに早く見つけるかということです。

 

 有効な化合物を早く見つけなければならない理由として、競合他社に先に病気に有効な化合物を見つけられてしまうと、特許権を取られていまい市場への参入することができなくなり、その研究は取りやめになり、それまでにかけた莫大な研究開発費は全くの無駄になってしまうのです。

 

  • 製薬会社の研究職の求人は病気に有効な化合物を合成する業務の求人が多い。

 

外資系企業の参入による製薬業界の変化

 そして、現在の日本の製薬業界では、海外の大手企業が、市場にどんどん参入してきており、有効な化合物を合成する研究の競争が激化しています。

 

 製薬会社は、人海戦術を使っても、病気に有効な化合物を他の会社より早く見つけたいと考えています。そのため製薬会社は中途採用で多くの合成研究の研究員を採用しています。新入社員と比較して、中途採用で採用する研究員は、教育・指導の期間や費用が必要がなく、即戦力としてすぐ活躍できる可能性が高いため、新卒者より求人の門戸が広く、また学歴のレベルなどの条件が緩いのです。

 

 このような職種での転職をする場合は、前記したように、転職先の製薬会社で即戦力となれること、具体的には技術的な豊富な知識(有機化学の合成の知識等)、研究計画の立案の能力(いかに短期間に多くの化合物を合成できるか計画を立てることができるか等)などをアピールすることができれば、採用への可能性が高まります。

 

 実際の業務においては、英語の文献をたくさん読む必要があり、海外の大学や企業との共同研究等を行うこともよくありますので、TOEIC730点以上の英語力は必要とされるところが多いです。

 

 その他、製薬会社の研究において、事業を有利に進めるために特許の活用は必須なので、研究の知識や技術の他に特許明細書を作成したことがあるなどの経験、特許法に詳しいことなどを研究の知識・実績とあわせて説明できれば、他の志望者との差別化ができ採用の可能性が高くなります。

 

  • 外資系企業の参入などによる競争の激化などで中途採用市場はさらに即戦力重視の傾向が強まった。

 

ジェネリック製薬会社の研究職

 ジェネリック医薬品は、厚生労働省が先発医薬品(最初に販売された新薬)と同等と認めた医薬品のことです。先発医薬品の特許権の期間満了後に、有効成分、用法、効能および効果が同等の医薬品として新たに厚生労働省に申請され、製造および販売される安価な医薬品です。

 

 ジェネリック製薬会社での研究職において、主な研究内容は製剤の研究および製法検討の研究になります。製剤の研究によって、先発医薬品メーカーより、服用のしやすさ、味、におい、保存性の向上等を改善し、先発医薬品メーカーとの差別化を行います。また、製法検討の研究を行うことでより安価な製品を製造・提供することにより、先発医薬品メーカーとの差別化を行います。

 

 上記の点から、ジェネリック製薬会社での研究職の求人では、製剤技術の豊富な知識・経験がある人や種々の合成方法を知っており製品を安く製造できる研究のできる人を求めています。日本の製薬業界においては、新薬を開発している製薬会社がジェネリック製薬会社より立場が上と考えられ、新薬を開発している製薬会社からジェネリック製薬会社への転職は、比較的容易ですが、逆は難しくなります。

 

 ただし、現在、日本においては、国として医療費削減が命題となっていますので、ジェネリックの製薬会社はこの風潮にのり、ここ数年躍進を続けており、そのため中途採用の求人数も年々多くなってきている傾向にあります。

 

  • ジェネリックの製薬会社は時代の流れに乗って研究職の求人が増加傾向にある。

 

本記事は2016/11/24の情報で、内容は製薬会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する