FX会社の適性(向き・不向き)

業界:FX会社

9views

imasia_12202095_M

 

精神的にタフな人

 精神的タフさは、特にカスタマーサポートを担当する人に求められます。他の金融業を経験した人は分かることですが、電話での営業というものはかなりの精神的苦痛を伴います。他業種ではノルマが設定されていて上司からの叱責や圧力を受けることも頻繁にあります。

 

 FX業界はそういった電話による営業行為は禁止されているため、直接的なストレスを感じることはありません。その分、いかに見込み客をその気にさせ、既存顧客のトレード活動を促すことができるかというのが会社の利益に直結してきます。

 

 間接的ではありますが、直属の上司だけでなく幹部や社長クラスまで出て来て問い合わせにどう対応しているかを厳しくチェックされます。電話中に後ろから彼らの視線を常に感じつつ応対をしなければならないという強いプレッシャーに曝されることがありますので、それにめげない心の強さと、反省を活かして次の問い合わせ応対に向き合うことのできる人が向いています。

 

  • カスタマーサポートの場合、売上ノルマはないものの、問い合わせ対応が売上に直結するストレスや周囲からの監視の目が厳しいため、精神的な強さが必要。

 

几帳面さと学ぶ意欲のある人

 事務方や経理担当者に求められる素養です。事務職は口座開設を担当しますので、データベースへの申請者登録にミスがあってはいけません。トレーダーは、年末の税務申告に取引プラットフォームから出力した書類が必要になるからです。また、新規口座開設者へ送る書類に不備があってはいけませんので、入念なチェック癖が求められます。

 

 経理担当者も数値の一桁の入力ミスが大変な修正作業に繋がります。数字を扱う以上、それを間違わない慎重さが必要になります。

 

 またどの職種にも言えることですが、周りを取り巻く環境が転々としやすいのがFX業界の特徴です。自分からアンテナを張って常に新しい情報を仕入れておくマメな人が適しています。

 

  • 正確に事務処理をこなせる人、変化しやすい環境の中で常に最新の情報を仕入れることができる人が向いている。

 

研究肌は向いていない

 一方で、勉強熱心過ぎて一つの事を突き詰めるようなタイプの方はあまり向いていません。熱中するあまりに他のことが疎かになりがちであったり、社内でのコミュニケーション能力に欠けて周りと上手くいかずに悩みを抱えるケースが多いためです。また、取引知識や法令が変わりやすいので、せっかく突き詰めた知見の意味がなくなるような場合もあります。

 

本記事は2016/11/18の情報で、内容はFX会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する