FX会社のIT職の求人

業界:FX会社

9views

imasia_14783269_M

 

開発能力は評価されにくい

 FX企業において、IT職はあまり目立たない存在です。システム開発部がある企業であれば別ですが、取引システムには幾つもの企業が海外の有名な取引プラットフォームである「メタトレーダー4」や「カリネックス」を採用しています。これらは既に完成された状態で販売されているプラットフォームであるため、根本からシステムを改造するということはできません。

 

 ただ、各社同じプラットフォームを使っていても色分けが必要ですから、小改造を施す場合はあります。IT職が取引システム開発に本格的に関わるのは、こういった小さなカスタマイズが主流です。そのため、システム開発能力自体は、FX会社への転職においてはあまり評価されるポイントとはなりません。

 

  • 既存の取引システムを用いることが多いため、開発スキルはあまり評価の対象にならない。

 

相談役としてのIT職

 前述のとおり、FX会社での目覚ましい活躍というのはIT職ではあまり考えられません。一方で、同僚たちにとってはパソコントラブルにおける頼もしい存在として信頼されますし、それに応えられるだけのスキルは要求されます。それは日々のサーバーメンテナンスであったり、社内における同僚たちのパソコントラブルの解決です。

 

 特にサーバーは、お客様にとっても、また社内ネットワークにとっても生命線となりますので、日々丹念なチェック作業が必要です。サーバールームの整備、サーバーの排熱を管理し室温を適正に保つ工夫といった施設に関する知識が求められます。また、サーバー自体を操作できる資格は必須ですのでWindows Server資格は転職前に取得しておく必要があります。業務に必要なレベルとして、アソシエイトレベルであるMCSAレベル(マイクロソフト認定ソリューション アソシエイト)は持っておくべきです。

 

 社内におけるトラブルは広範囲に渡ります。エクセルやワードの不具合、他社から送られてきた圧縮ソフトが解凍できないといった初歩的問題から、経理のマクロ、口座開設に用いるエクセルVBAの調節といったソフトウェア改修作業、そしてパソコン自体の故障の修理や備品買い替えの判断など、コンピューターに関わる全般の相談役としての役割が求められます。転職時にはこれらのスキルを有していることと、相談役としての適性のある人物像が採用の評価点になります。

 

  • 転職時には、サーバーに関する知識と資格、社員のパソコントラブルを解決する能力と人柄がチェックされる。

 

本記事は2016/11/18の情報で、内容はFX会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する