FX会社の転職と面接

業界:FX会社

15views

imasia_12780240_M

 

面接のために準備すべきこと

  • やはり聞かれる「なぜこの業界?」

 面接ではもはや使い古されて陳腐化してしまったフレーズではありますが、業界外からの転職の際は、FX会社を選んだ理由を尋ねられます。世間的に見てFXの印象は、株取引よりも良くありません。証券取引よりギャンブル色の強いマイナスイメージが、ネット上で頻繁にトピックになっています。ゆえに、他業界出身者は「なぜ証券ではなくFXなのか」について、自身の持論を展開できるように準備をするべきです。

 

 一方で、同じ業界出身者はあまりこの質問をされることはありません。業界の内情は知っていますし、前職の待遇面から転職を選ぶ方人がほとんどであるからです。

 

  • 就きたい職務によって自身の特徴付けを

 FX会社の部門は、カスタマーサポート・事務・IT・経理などの管理部門、企画部門などが存在します。希望する企業にどの部門が存在するかは事前に下調べをしておく必要があります。

 

 そのうえで、前職で培ったスキルが希望する部門でどのように活かされるか、自身の特徴付けをしておくべきです。会社によってはオールラウンダーとしての活躍を期待されるので、どの職務も一定程度はこなせることをアピールできると有利です。

 

  • 他業種からの転職の際は、FX会社を選んだ理由を明確に説明できるよう準備しておく。

 

FX会社の人事が重視する点

 上述の内容は、面接において最初の通過点でしかありません。FX会社の転職において人事が評価する項目を2点挙げます。

 

  • ① 勉強熱心であること

 一つ目は、勉強熱心であることです。業界外の人は投資の基礎及び金融の基礎から学ぶ必要があります。特にカスタマーサポート部門に就くのであれば、日々様々な問い合わせに回答すべく余暇の時間にも研鑽を積む必要が出てきますし、企画部門であれば変化の速い法令の改正に機敏に反応し、また他社の宣伝手法をリサーチして自社が打ち出せるベストな企画を考え出す必要があります。事前にトレーディング知識や法規定について勉強するなど、学ぶ意欲があるかどうかを見られます。

 

  • ② 人柄、人当たりの良さ

 そして二つ目は人柄です。お客様と接するカスタマーサポートは勿論ですが、どの職種においてもコミュニケーション能力より「人柄が良いかどうか」が評価のポイントになります。お客様に対しては好印象を与え、同僚たちとは円滑な関係を築くことができるか、ただ営業慣れして饒舌な人よりも、会話スキルが平均レベルであろうと人当たりの良い人を人事は評価しています。

 

  • 専門知識を身に付けるべく日々自己研鑽に励む姿勢と、社内外に対する人柄や人当たりの良さが重視される。

 

本記事は2016/11/17の情報で、内容はFX会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する