何歳での転職がベスト?医師の転職と年齢について

職業:医師

14views

imasia_6105602_M

 

 医師の転職も最近では当たり前になってきました。しかし、その時の年齢というのはどうでしょうか?実際に統計などを取ったデータなどがないので確実なことは言えませんが、医師の転職は他の会社員とは違う所がかなりあります。ここでは、医師の転職時の年齢に関して、一般の会社員の人たちと比較していきます。

 

会社員の転職と医師の転職の相違点3つ

 

  • 1.医師の転職は年齢に関係なく、転職するたびに給与が上がる場合が多い

 一般の会社員の転職では、働き盛りの30代から40代の場合には転職するたびに給与が上がるケースが多いですが、50代以降は給与が同じか前よりも下がるような転職が多くなります。また、そもそも30代や40代での転職者を受け入れていない企業も多く存在します。

 

 しかし、医師の転職の場合には年齢に関係なく、幅広い年代での転職が可能になっています。また給与面においても、経験を買われたり人員不足で採用されるケースが多いため、転職後に給与が上がる場合が多いです。

 

  • 2.家族に対してのサービスがある場合が多い

 医師は病院にとっても経営を左右する重要な戦力です。そのため、最近では医師の家族にも安心して暮らしてもらえるよう、学校が多い区域の住居を斡旋したり、一軒家を借り上げてくれる病院も珍しくなくなってきました。また、ペット可の住居なども当たり前になってきており、医師が単身赴任でなく家族で新しい土地へ引っ越せるような配慮もされている病院が多いです。

 

 一方、一般企業ではまだまだ家族への配慮まで行き届いたサービスをしてくれるような会社は海外への駐在員など以外では少なく、多くの人が子どもの受験などで単身赴任で自分だけ引っ越す場合が多いです。

 

  • 3.病院側は年齢によってシフトなどの時間も考慮・調整してくれる

 医師の転職の際には、病院側も年配の医師には時間的にも余裕のあるようなシフトにしたり、給与は下がりますが夜勤は無しの勤務など、その医師の希望や年齢的な配慮をしてくれる病院が多いです。しかし、一般の会社では年配の人たちでも若い人と変わらない労働条件などで働く会社も多くなっています。

 

会社員の転職と医師の転職の共通点2つ

 

  • 1.自分で気になる職場に応募する必要がある

 中規模以上の病院では、昔のように口約束だけで入ってっもらうようなケースはあまり存在せず、一般の会社と同じように何回か面接して人事の人が採用か不採用化を決定します。そのため、著名な医師の先生でも自分でレジメを書き上げたりする必要があります。

 

 また、最近では転職サービスがあるので、そういったサービスを利用する方がほとんどです。

 

  • 2.研修期間を設ける病院も多い

 昔は研修期間を設けずに、知識や経験のある年配の医師にはそのまま本採用とする病院が多かったです。しかし現在では病院もサービス業の側面が強くなっており、研修期間中に患者さんへのコミュニケーション力や関わり方などをしっかりと判断してから、最終の合否を出す病院も増えています。この点は一般企業と同様になっています。

 

<この記事のまとめ>

 医師にとって転職にベストの年齢というのは無いが(医師それぞれの事情により異なる)、幅広い年齢で転職できるのが医師の特徴。また、転職のたびに年収が上がるの傾向にある。今後ますます医師の転職者が増えると予想されている。

 

本記事は2016/11/16の情報で、内容は医師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

医師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「リクルート」!医師の転職でもリクルートグループのエージェントサービスが人気が高い!

  2. 医療系人材紹介で知名度抜群の株式会社メディウェルが運営!ジャンルを絞った人材紹介ゆえに医師求人数は業界最多水準!

  3. ソニーグループ運営の「エムスリーキャリア」!医療関係の人材紹介での豊富な情報と実績が強みのサービス!

ページ上部へ移動する