FX会社の採用職種の分類

業界:FX会社

25views

imasia_9583948_M[1]

 

FX会社の主な採用職種

  • 営業はない。カスタマーサポートが全ての入口

 FX業界では営業電話が禁じられています。営業ノルマがないため、他の金融業に比べると楽に感じられますが、その分集客の要を担う事になるのがカスタマーサポートです。

 

 カスタマーサポートにお問合せをしてくる様は実に多様です。一般的には口座開設の仕方が分からない、取引ソフトの操作方法を教えて欲しいといった初歩的内容ですが、そもそも為替とはどういうものかという根本的な部分から質問されるお客様もいらっしゃいます。こういった方々は見込み客として大変重要視されますので、是非この会社で為替取引をやってみたいという意欲が湧くように案内する力が求められます。ゆえに、カスタマーサポートは全てのお客様への玄関であるのです。

 

 また、お問い合わせの電話を取るには「金融先物取引業務外務員」資格が必要です。持っていない場合は、一般社団法人 金融先物取引業協会による資格受験で、入社後1ヵ月から2ヵ月の勉強の後に受験をすることになります。

 

  • 一般事務の範囲は広い

 一般事務といってもFX業界の事務は意外に仕事の範囲が広いです。来客応対・社内報告書等作成・庶務に加え、口座開設の実作業やお客様の入出金のオペレーションなどが加わります。特に入出金は、数字を一桁入力ミスするだけで大問題に発展しますので、ダブルチェック・トリプルチェックと慎重な作業が求められます。

 

  • IT職はゆとりあり

 他の職種に比べてIT職は比較的ゆとりのある仕事ができます。取引プラットフォームはトレード最中のトラブルがまず起こらないように完成されたシステムが用いられますから、トラブルで修正に追われる頻度は少ないです。サーバーのメンテナンスや同僚のパソコントラブルの解決、アドバイス等が職務の中心になります。ただその分、サーバー管理や助言を行えるだけの専門知識は必須になります。

 

  • 企画部の行動力と発想力

 カスタマーサポートに次いでタフさが求められるのが企画部です。各企業の行う広告宣伝活動は常に金融庁の厳しいチェックの目が入ります。現行法規制と照らし合わせて、「この企画は通るかどうか」「他社はどのように宣伝戦略を打ち出しているのか」を常にリサーチを行う必要があります。

 

 また、FX、証券業界のリサーチだけでは各社同様のキャンペーンしか展開できません。ゆえに企画部ではスタッフ個人が、興味をもった他業界のキャンペーンに自ら応募して体験するアクティブさが必要です。しかし、ただデータを蓄積するだけでは企画部では仕事になりません。そのデータから最も利益率の良い、あるいは業界初の新規キャンペーンを考案するアイデア力を兼ね備えた人材をFX各社は求めています。

 

  • 企画部が、広告宣伝内容の制限の中でアイデアを凝らしたキャンペーンを立案し、カスタマーサポートが集客の要を担う。

 

本記事は2016/11/16の情報で、内容はFX会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する