FX会社の転職動向

業界:FX会社

15views

imasia_12356470_M

 

FX会社の転職動向

  • 他業界からの転職

 為替という専門分野に携わるため、他業種からの転職者は少ないという印象を持たれやすいですが、比較的広い業種からの転職があります。特に事務やカスタマーサービスに関わる業務は、基本的に電話対応を行う、一般的な会社内事務に携わるなど他業界と変わらない普遍性があります。よって、業界外からの転職であっても、それまでの働き方に加えてFX業界での働き方に理解を示せるならば、転職は金融業界の中では比較的難しくはありません。

 

 一見、実務経験が長い程有利に考えられがちですが、会社によっては新しい風を入れたいという場合もありますので、若い人でも転職できるチャンスは十分にあります。

 

  • 業界内から業界内(金融業界内)への転職

 一番多いのが同業界である金融業社からの転職です。特に銀行の為替オペレーション等に携わった人であれば知識・経験共に十分な即戦力と見なされます。そういった人は、FX会社側のカバー取引業務に配置されるか、カスタマーサービスにおけるシステムトラブル対応の統括にあたる場合が多いです。

 

 それ以外の職務に就いていた人は、FX会社特有の専門知識等を学び直す必要がありますが、他業界出身者に比べれば親しみやすく、また転職時も業界が同じだけあって印象は良いです。

 

  • 業界外への転職

 FX業界で特に今注力されているのは、カスタマーサービスと宣伝企画です。金融業界においてこの分野は、もっとも繊細で厳格に統制がされています。その厳しい規制の下、如何に工夫しお客様を集客し、持続的な取引を促すかということを職務中は常に考えていくことになります。そこで培われた実績やアイデア力は、規制の薄い他業種にとってより魅力的に映るはずです。

 

 カバー取引等オペレーションに関わった人は、同じ金融部門での親和性が高いため、他業種より金融業界内の他職への転職に有利です。また全ての部門に共通していることは、金融業界で働いてきたことが、他の業界から見れば厳しい業務に耐えてきたタフさがあると捉えられ、評価されるということです。以上を踏まえた上で、再転職は、他業界に比べ有利です。

 

  • 金融業界経験者が有利ではあるが、若手の未経験者でも採用の可能性は大いにある。他業界への転職も有利になることが多い。

 

本記事は2016/11/15の情報で、内容はFX会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する