赴任手当ありの医師求人に応募する前に確認すべきポイント

職業:医師

7views

 

imasia_9765892_M

 

<この記事のまとめ>

  • 赴任手当のでる病院は増えている。離島や過疎地においては、かなりの赴任手当がつくこともある。また、引っ越し代金や住居費無料などのサービスが有る病院もある。
  • 赴任にはどうしても家族問題がつきまとうので、しっかりとした話し合いが重要に。家族で赴任して、その地域の文化に触れて定住してしまう医師の家族も少なくはない。

 

赴任手当をつけて医師やその家族に満足してもらおうとする病院が増えている

 最近では赴任手当が出る病院も増えています。アメリカやヨーロッパ諸国などでは当たり前なのですが、「引っ越し費用や赴任先までの交通費」や「赴任している間の給与アップ」など、病院も優秀な医師が他の病院へ移ってしまわないように、様々なサービスを提供して医師確保に奔走しています。

 

 今までは赴任先に家族を連れていけなかったり、2重生活や引っ越しの費用の面などを考えて、病院を止めてしまう医師や他の病院へ転職してしまう方が多いのが医師や病院にとっての悩みでした。そこで、多く提携先を持つ病院などでは赴任手当を付けることにより医師だけでなくその家族にも満足してもらうサービスを増やしています。

 

様々なパターンがある赴任手当

 赴任手当と言っても様々なパターンがあるので、ここでは具体的な内容を確認していきましょう。病院によっては引っ越し料金を全額負担してもらえるところも出てきています。また、引っ越し料金などは出ない代わりに引っ越し先の家賃は無料などそれに代わるサービスの提供をしてくれる病院もあります。

 

 さらに、役職や病院にもよりますが、赴任している間は基本給与の他に赴任手当が別途支給される病院もあります。とくに離島や過疎地などへ赴任される医師には赴任手当がかなり付く場合も多く、若手の医師などは率先して赴任する方も少なくありません。

 

 また、赴任先で新たな医療技術を学んだり赴任先での行事に参加できたりと、楽しんで暮らす家族の方も多いのも特徴です。とくに日本でも北と南の地域では文化や風習なども違う所が多く、好奇心旺盛な医師やその家族は違った文化などを楽しみつつ、そのまま赴任先に定住してしまう方も少なくありません。

 

赴任は家族の問題でもあるので、しっかり話し合いをする事が大切

 赴任をする際には、家族問題がどうしてもネックになってきます。子どもの学校や奥さんの職場などは簡単に変えられない場合も多く、子どもが高学年以上になると単身赴任をする医師も多くなります。

 

 また赴任手当が出ても、単身赴任であれば生活費は2重にかかってしまうので、全体としてはマイナスになることも多いようです。しかし、慣れてしまえば赴任先で楽しく過ごせますし、最近では家族一緒に赴任先へ引っ越される方も多くなっています。

 

 赴任する予定や可能性がある場合にはあらかじめ家族とよく話し合ったうえで、病院にも赴任する際に得られる手当やサービスをしっかりと確認しておきましょう。

本記事は2016/11/04の情報で、内容は医師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

医師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「リクルート」!医師の転職でもリクルートグループのエージェントサービスが人気が高い!

  2. 医療系人材紹介で知名度抜群の株式会社メディウェルが運営!ジャンルを絞った人材紹介ゆえに医師求人数は業界最多水準!

  3. ソニーグループ運営の「エムスリーキャリア」!医療関係の人材紹介での豊富な情報と実績が強みのサービス!

ページ上部へ移動する