研究日ありの医師求人に応募する前に確認すべきポイント

職業:医師

12views

imasia_1329206_M

 

<この記事のまとめ>

  • 病院側は医師を確保するために様々な雇用条件を呈示するようになっていることもあり、「研究日あり」の病院求人も増えている。
  • 今までは研究か臨床のどちらかを選択しなくてはいけない事が多かったが、最近は離職せずに研究を続けることが可能になっている。ポピュラーな働き方になりつつあるので、周囲の理解も得やすい。

 

研究日を設けてくれる病院も増えている

 近年の医師不足のため、病院では様々な条件で医師を採用する傾向にあります。また、若い医師や研究に従事している医師の方を支援している病院も増えてきました。若い時だからやれる研究と臨床の両立は、これからの医師の方たちを育成する上でも重要になってきています。

 

 そのため、病院によっては研究日を設けその日は「有休扱い」や「勤務扱い」にする病院も増えてきています。研究を続けたいと申し出る医師の方は将来的に見ても医学への貢献度も高く勤務態度も真面目な方が多いため、病院の方でもそのような医師の方に長く勤務できるようサービスを提供しています。

 

研究日ありの形態で働くメリットは?

 なんといっても、研究と仕事が両立できることに尽きるでしょう。従来の病院では、研究医になってしまえば臨床に携われなくなることも多く、臨床に戻りたい医師は研究を諦める方がほとんどでした。しかし、研究日を設けてもらえる病院では臨床も研究も同時進行で行えるため、離職する必要も無く自分のペースで研究も進めることができるため、安心して働くことができます。

 

 また、病院によっては研究室や大学までの交通費を支給してくれたり、夜勤なしのシフト専門にわりふってもらえる病院もあるので、まずは自分自身の研究の課題と期間やスケジュールなどをしっかりと病院へ提示して勤務時間などの相談をすることが大切です。また、休日なども融通が利く病院もあるので自分の希望に適した病院を探してください。

 

研究日ありの形態で働くデメリットはある?

 やはり、給与面で少し落ちるケースが多いところでしょう。研究日には外来や入院患者さんたちを診ることができないので、その分の給与は下がってしまいます。しかし、欠勤扱いにならず研究を進めることができるので、ほとんどの方はあまり問題にしていないようです。

 

 また、2足のわらじ(臨床と研究)なので慣れない内は体調不良になる方も多いようです。研究時間が長かったり、観察していなくてはいけないような研究の場合には体力も必要になってくるため、臨床と並行してやるには疲れが出てしまう方も多くいます。けれども慣れてくれば自分なりのペースや集中力の配分なども分かってくるので、慣れるまでの数カ月が過ぎればあとはあまり大変なことはないようです。

 

 なかには、長年研究と臨床を両立されている医師の方もおり、そのような方たちも今後ますます多くなることが予想されていますので、周りの理解も得られやすい「研究日ありの病院」は研究をしたい医師の方には最適です。

本記事は2016/11/04の情報で、内容は医師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

医師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「リクルート」!医師の転職でもリクルートグループのエージェントサービスが人気が高い!

  2. 医療系人材紹介で知名度抜群の株式会社メディウェルが運営!ジャンルを絞った人材紹介ゆえに医師求人数は業界最多水準!

  3. ソニーグループ運営の「エムスリーキャリア」!医療関係の人材紹介での豊富な情報と実績が強みのサービス!

ページ上部へ移動する