産業医(一般企業)の医師求人事情

職業:医師

10views

imasia_13534335_M

 

<この記事のまとめ>

  • 企業側からのニーズも高い産業医の求人。時代背景もあり、最近ではうつ病などの精神医学に精通している医師が求められるようになってきている。
  • 一般企業で勤務することになり、診断業務がほとんどなので病院と比べて仕事内容はラクなことが多い。医療業界以外の同僚ができるのも新鮮で魅力的と言える。
  • 医師の中で「産業医は2流」という意識が少なからず存在する。しっかりとしている会社なのか、条件面以外での企業の見極めも大切になってくる。

 

近年企業側からのニーズが高まっている産業医

 会社員の健康状態を管理し、労働衛生の専門的知識を身に付けなくてはいけない産業医は、会社にとって大変重要な位置を占めます。近年ではそのニーズに応えるように、会社側でも産業医の数を増やすようになっています。

 

 現在、厚生労働省からの通達で、50人以上の従業員を抱えている場合には1人以上、3,000人以上の従業員を常時勤務させている会社は2人以上の産業医を専任しなくてはいけない決まりになっています。そのため、従来でしたら産業医がいなかった会社にも現在では産業医が置かれるようになりました。

 

 また最近では新型うつなどの精神疾患が毎日報道されているように、会社側でも精神医学に知識が豊富な医師を採用する傾向になっています。昔の産業医の主な診察内容は胃腸疾患や風邪などの感染症が主になっていましたが、最近ではうつやパニック症候群またはカウンセリングなど精神疾患が主な患者さんの主訴になってきています。

 

参照:厚生労働省「産業医について」PDF

 

ストレス無く仕事のやりやすい環境にある産業医

 産業医は会社員でもあるので、始業時間や終業時間が決まっています。そのため、残業が無い場合にはかなりの時間が取れるため、家族を持っていらっしゃる医師の方やこれからお子さんを持ちたい医師の方にはオススメです。さらに、重病患者さんはあまり来ないので(来ても最寄りの病院へ搬送されてしまうため)、会社員の方たちの立ち寄りが少ない日などはかなり余裕がある勤務になります。また、カウンセリングに対しても攻撃的な方はかなり少ないので(同じ会社員ですので皆さん親切で礼儀正しい方たちばかりです)、仕事もやり易い環境です。

 

 また会社員の方たちと親しくなれるため、違った分野の知識の交流ができます。医学をやっていると、学生の時から医療関係者しか周りにいないためかなり世間が狭くなってしまう場合があります。しかし、産業医になると全く違った職種の方たちとの交流も多いので毎日が新鮮で楽しく仕事ができる方も多いです

 

認定資格がないと労働条件が不利になる場合も

 産業医は会社員と同じ扱いになりますので、会社の意向に従わなくてはいけない場合も多いです。また、医師の間でも「2流」のレッテルを貼られる場合があるのでそれが辛いところでしょうか。

 

 また、本医師会認定の産業医資格を持たなくても採用してもうことは可能なのですが、その場合労働条件が厳しい契約を結ばされる可能性も高いのが実情です。この点には注意が必要です。

 

 また、ある医師の方は企業側から高待遇で採用されたのですが、会社員の方たちが体調不良でも会社側の意向で簡単に休職願いや離職願いの診断書を提出できなくなりました。高待遇で雇われているため会社側にあまり強いことも言えませんが、医師としては失格です。そのため、その医師の方はその後退職してしまいました。このように、産業医の求人では企業を見極めることも大切なことを覚えておきましょう。

本記事は2016/11/01の情報で、内容は医師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

医師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「リクルート」!医師の転職でもリクルートグループのエージェントサービスが人気が高い!

  2. 医療系人材紹介で知名度抜群の株式会社メディウェルが運営!ジャンルを絞った人材紹介ゆえに医師求人数は業界最多水準!

  3. ソニーグループ運営の「エムスリーキャリア」!医療関係の人材紹介での豊富な情報と実績が強みのサービス!

ページ上部へ移動する