介護老人保健施設の医師求人事情

職業:医師

6views

pixta_5819211_M

 

<この記事のまとめ>

  • 老健施設は当直がない所が多く、定時に帰宅できることがほとんど。また、年齢制限を設けていないところが多いので、体力に自身の無い方や家庭の時間を大切にしたい医師の方にはオススメの求人と言える。
  • 患者の症状が改善するための治療というよりは、日々患者に寄り添っていくことが求められる。高齢患者たちとのコミュニケーション能力も大切になってくる。

 

年齢を問われないことが多い老健施設の医師求人

 最近では介護老人保健施設も至る所に増えてきました。そのため、病院でも老人医療の知識のある医師や介護老人保健施設などに勤務したことのある施設勤務経験者を多く採用するようになりました。介護老人保健施設に入居される老人の方たちは介護レベルも様々で、寝たきりの方から自分自身で一通りのことができる方まで同じ施設に入居されるため、それに合わせた治療やケアが必要になってきています。

 

 この長期療養施設の求人の特徴としては、比較的医師の年齢を問わない所が多いことです。また、年齢制限はあっても働き次第ではこのまま施設に残って欲しいと残留をお願いされるケースも多いため、入居者の方たちと仲良くコミュニケーションをとることが大切になってきます。

 

定時に帰れる老健施設勤務の医師求人

 老健施設勤務のメリットの一つは、急患が少ないため時間通りに帰宅できることでしょう。また、当直がない施設が多いので、体力に不安がある方や病気療養後の復帰のための転職先としてはおすすめです。また、他の診療科目や施設と違い、患者さんたちが穏やかで診察の内容も辛いことばかり告げなくても良いので、仕事に疲れてしまっている医師の方や何かを勉強しなおしたい医師の方にはおすすめの職場です。

 

 さらに、家庭がある女性医師の方やお子さんを持ちたい方には定時に帰れるこの職場は給与も安定しており、家族の時間が持てるので最適です。

 

高齢患者とのコミュニケーション能力も問われる

 長期療養型の施設で一番つらい所は、あまり患者さんたちの病状が改善しないところです。経験も豊富で慣れている医師の方は良いですが、まだ若くこれから経験を積んでいきたいと情熱にあふれている方にはやりがいが感じられない部分があるかもしれません。しかし、老人医療においてはこのような施設で学ぶべきポイントは多くあり、将来的に老人医療の専門医を目指している方や論文を書いている方には得るところが多い職場です。

 

 また、高齢の患者さんばかりでトラブルが起きる場合も多く、そういった場合には一般的な病院のように看護師の方たちや職員の方たちに任せられず、医師自身が仲介役になったりカウンセリングなど精神分野の治療にも参加しなくてはいけない場合があります。そのような場合には精神医学の知識も必要になり、コミュニケーション能力も磨かなくてはいけません。

 

 そのため、あまり患者さんとの意思疎通が得意でない方や、施設内でのコミュニケーションをあまり取れない方には何か問題が起きると辛い職場になってしまいます。

本記事は2016/11/01の情報で、内容は医師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

医師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「リクルート」!医師の転職でもリクルートグループのエージェントサービスが人気が高い!

  2. 医療系人材紹介で知名度抜群の株式会社メディウェルが運営!ジャンルを絞った人材紹介ゆえに医師求人数は業界最多水準!

  3. ソニーグループ運営の「エムスリーキャリア」!医療関係の人材紹介での豊富な情報と実績が強みのサービス!

ページ上部へ移動する