人事コンサルの将来性

業界:コンサルティング会社

23views

imasia_4277687_M

 

人事コンサルへのニーズは高まっていく

 会社が人によって成り立っている限り、人事の仕事はなくなりません。また、企業経営がより複雑化・多様化する環境下では、人事の仕事もより困難になっていきます。最近の状況を見ても、成果主義、グローバル人材、ダイバシティ等、人事が扱うテーマは困難になる一方です。

 

 そのような環境をコントロールする企業の人事部に対して、サポートする専門家としての人事コンサルの役割が増していくことは明らかです。

 

 また、人事コンサルのサービス領域は、今現在も、どんどん広がっていっています。かつての人事コンサルの仕事は労務関連のアドバイスや、人事制度設計のサポートが主でした。今も、そのような領域も重要ですが、サービス提供が求められる領域としては、ほんの一部に過ぎません。

 

 特に、企業のグローバル化は人事コンサルの活躍の場を大幅に広げています。日本の人事コンサルは日本国内で日本企業を相手に仕事をするだけではなく、海外に進出する日本企業、日本に進出する海外企業に対するコンサルティングニーズも高まっていきます。この傾向は、人事コンサルの活躍場所をどんどん広げていくでしょう。

 

  • 人材面を含めた企業経営が時代と共に変化していく中で、人事コンサルの必要性は高まっていくと考えられる。

 

仕事への要求水準も高まっていく

 一方で、企業の人事部も急速に高度化しています。忘れてはならないのが、人事コンサルはそのような人事部に対してアドバイスを行う立場であるということです。そのため、当然ですが人事コンサルへの要求水準も同時に高まっていくことも間違いありません。

 

 人事コンサルに対するニーズは減ることなく高まっていくでしょうが、ニーズが高くなっているからと言って安泰といえる程、甘いものではないでしょう。むしろ、人事コンサルの中での淘汰は進んでいき、進化できない人事コンサルはクライアントからも求められなくなります。

 

 その意味では、人事コンサルは将来性がある市場です。ただ、人事コンサルとして生き残るためには、相当の努力が必要になることは間違いありません。その努力をいとわず、自分を磨き続けられる人には、とても魅力的な仕事であるといえるでしょう。

 

  • 人材コンサルへのニーズが高まる分だけ、よりクライアントに高度なサービスを提供する必要が出てきている。

 

本記事は2016/10/25の情報で、内容はコンサルティング会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する