ベンチャー系人事コンサルの求人

業界:コンサルティング会社

7views

imasia_10178320_M

 

ベンチャー系人事コンサルの特徴

 ベンチャー系人事コンサルは、ベンチャーということもあり小規模な場合が多いです。しかし、その成り立ちとしては大手の人事コンサルティング会社で活躍された方が、より自分の理想に近い人事コンサルティングを行うために立ち上げたケースが多く、実力的には、大手ファームとなんら遜色のない場合も多々あります。

 

 ただ、規模が小さく収益上も必ずしも安定していないこともあり、サービスとしてもその時々で社会ニーズに合わせて、新たなことにチャレンジしていく傾向もあります。その意味では、コンサルタントであると同時に、社会全体の人事上の課題や潮流を見極め、新たなトレンドを作り出していくような、ビジネスプロデューサー的な要素を持ち合わせているともいえます。

 

 主なサービスメニューは大手と変わらない場合が殆どですが、最近の傾向としてはIT等と自社のサービスを融合させて、果敢に既存のコンサルティング会社では提供しえない価値を狙うケースも多くなっています。

 

 また、傾向として少人数であるからこその厳しさはあるものの、比較的人材育成に関しては、ハンズオンで手厚く行っている企業も多いです。社内研修や合宿を盛んに行いながら、全体でレベルを上げていこうという雰囲気があります。

 

 とはいえ、コアメンバーの専門性やネットワークによってビジネスが動いていることは事実で、新たに入社する場合は、そこに乗っかるのではなく、いかに自分で新たなチャレンジを行えるかが大切になります。

 

求人の傾向と求められる要件

 人を育てる風土が強いケースが多いので、一般的な履歴書の華やかさよりも、チャレンジ精神や、ベンチャー的な環境でどこまで自律的にビジネスに関与していけるかもとても重視されます。

 

 また、採用自体がオープンでなく、メンバーの紹介等で行われる場合も多いです。これは、少数精鋭でビジネスを行っているために、採用での失敗は致命的なになるためです。もし、あなたにメンバーの知り合いがいるのであれば、そこからコンタクトを取ることが望ましいでしょう。

 

 また、面接において「キャリアビジョン」「何を成し遂げたいのか」を念入りに聞かれるケースが良くあります。なぜなら、会社と個々の社員の方向性を合わせていくことを重視する傾向にあるからです。何となく人が好きだから、といったような理由ではなく、他の人事コンサル以上に「その会社で働きたい理由」を練り上げていく必要があります。

 

本記事は2016/10/25の情報で、内容はコンサルティング会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する