人事コンサルの転職動向

業界:コンサルティング会社

14views

imasia_9642562_M

 

人事コンサルの転職動向

 人事コンサルの転職動向について「他業界からの転職」「業界内から業界内への転職」「業界外への転職」に分類してまとめてみます。

 

  • 他業界からの転職

 業界未経験で人事コンサルになる場合、事業会社で人事関連の仕事を経験しているケースが多いです。採用する企業側も、求める人材要件の一つに「人事部出身」を掲げることも少なくありません。また、人事部時代の経験が、担当するコンサルティングプロジェクトで生きることも多く、その場合は比較的早期に活躍されるケースが多いです。

 

 ただ、人事や人材関連出身でないと絶対にいけないかというと、そんなことはなく、いわゆる人事未経験者の方が人事コンサルになるケースも少なくありません。その場合は、経験者の方に比べ、最初の段階で専門知識が足りずに苦労します。しかし、実際には1年くらいかけ努力しながらOJTで専門知識を学び、徐々に活躍するケースも多いです。

 

 また、他業界から人事コンサルになる場合は、社労士の資格を取る方も多く、労務関連の人事コンサルティングを行う場合には、大きな武器になります。

 

  • 業界内から業界内への転職

 業界内での経験者採用のニーズはとても高いです。特に大手の人事コンサル企業では、いずれもサービスのグローバル化を含めた業容拡大を目指しています。

 

 そのため、業界経験者を即戦力とみなし、未経験者より積極的に採用を行います。即戦力の人材の数は慢性的に不足しているので、業界内で一定の経験を積んだ方は、比較的転職活動を有利に進めることができます。

 

 多くの人事コンサル企業が求めているのは、概ね若手~中堅の人材です。特に、多くの人事コンサル企業でもグローバルな仕事に注力していることもあり、ビジネスレベルの英語力と人事コンサルトして得意な領域がある場合、選択肢が大きく増えます。

 

 いわゆるマネジャークラス以上の人材へのニーズも、当然存在するのですが、若手~中堅層程には、積極的ではありません。どの企業も、このクラスの人材を採用する場合は、明確な意図(例:新規領域への進出、計画的な組織拡大 等)を実現したいというニーズがある場合がほとんどです。

 

  • 業界外への転職

 ある程度人事コンサルとして働いた後、業界以外に転職するケースも多いです。色々なケースがありますが、やはり人事のプロフェッショナルとして、事業会社の人事部に転職するケースが多いですし、もしくは独立開業するケースも少なくありません。

 

 人事部に転職する場合、引き合いが多いのは、若手の場合は大企業の人事企画で、中堅以上になるとベンチャー企業の責任あるポジションでの転職が多くなります。また、外資系企業を中心に、人事部と各部門の人事を繋ぐ、ビジネスパートナーや社内コンサルタントの求人も増えています。

 

 人事コンサル出身者を人事プロフェッショナルとして活用したい企業は多く、人事関連のプロフェッショナルを志すのであれば、人事コンサルとして、専門性を磨くことも良いチャレンジとなります。

 

本記事は2016/10/24の情報で、内容はコンサルティング会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する