放射線科の医師求人事情と転職時のポイントまとめ

職業:医師

15views

imasia_4563627_M

 

<この記事のまとめ>

  • 基本的に放射線科医の求人は少なめだか、最近は24時間体制の病院でも深夜に放射線科医を置くケースが増えてきておりそういった求人が狙い目。
  • 患者との接点は少ないので、コミュニケーションが苦手な方にはオススメ。画像読影には深い経験と知識が求められる。

 

再び人気が高まってきている放射線科医

 昔はレントゲン被ばくなどの危険性が叫ばれた放射線科医ですが、現在では被ばくを最小限に抑えるようなレントゲン装置や防護服なども発達しているため女性でも安心して働ける環境になっています。

 

 また、放射線医は時間外の診察が殆ど無く、血液や体液などで汚れる心配もないという特徴がある上に、金銭的には他の科の医師と同等かそれ以上の金額をもらえるので一時期の衰退具合を考えると人気の科目になっています。さらに、放射線科医師は処方薬や治療法などは最低限度の対応で済むため、知識は解剖学がメインになっています。患者との接点が少ないので、コミュニケーションがあまり得意でない医師にも務まる科目です。

 

 放射線科に力を入れているような病院や放射線科の専門病院は良いのですが、大抵の病院では一人か二人の放射線科医で足りてしまうため、他の診療科に比べてあまり求人がでない科目としても有名です。

 

 一方で、最近では24時間体制の病院も多く、深夜でもエコーやMRIなどは放射線科専門医が初見するような病院が増えてきています。そのため、放射線科医師の求人も都市部の病院や24時間体制の病院などで増えつつあります。

 

放射線科医に求められる3つのポイント

 

  • 1、最新技術の知識

 レントゲン、エコー、CTスキャン、MRIなど最近では最新技術がどんどんと紹介されていますので、実際に自分がその最新機器に触ったことが無くても患者さんに説明できるよう常に新技術の仕組みや違いなどを患者さんに優しく説明できることが必要になってきます。

 

  • 2、深い経験と知識

 放射線科医は大人から子どもまで診察し、診断の決定を下します。とくに子どものレントゲン図や隠れた脳梗塞や乳がんなどの悪性腫瘍などは医学書にもあまり載っていない自分なりの所見認識が必要になる場合も多いです。そのため、経験がモノを言う分野です。

 

  • 3、他の医師とのコミュニケーション力

 上記の項目とは矛盾していますが、他の科の医師との協力体制ができていれば、自分だけの判断では断言できない場合も他の科目の診察知識で診断できる分野です。そのため、他の科の医師とのコミュニケーションや放射線技士さんたちとの協力を常に意識して働くことが大切です。

 

深夜勤務の放射線医師求人は狙い目

 近年の放射線科の患者さんの傾向としては、乳がん、DVT、前立腺がん、または特殊な骨折やCTスキャン、MRIなどの症例がメインの診察になってきます。そのため、その分野の知識や研究経験がある方は積極的にアピールしたほうがいいでしょう。また、外国人の患者さんなども増えてきているため、外国に多い症例などある部分に特化している場合には積極的に病院へアピールした方がいいでしょう。

 

 さらに、大病院や都市部などの病院では深夜勤務もするようになっています。そのため、体力や深夜勤務の経験が豊富な人は夜シフトのあるような病院へ応募してもいいでしょう。まだまだ放射線医師は少ない状態なので、夜シフトなどを行う病院などでは他の科目の医師よりも放射線医への給与が高く設定してある病院も多いです。

本記事は2016/10/21の情報で、内容は医師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

医師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「リクルート」!医師の転職でもリクルートグループのエージェントサービスが人気が高い!

  2. 医療系人材紹介で知名度抜群の株式会社メディウェルが運営!ジャンルを絞った人材紹介ゆえに医師求人数は業界最多水準!

  3. ソニーグループ運営の「エムスリーキャリア」!医療関係の人材紹介での豊富な情報と実績が強みのサービス!

ページ上部へ移動する