形成外科の医師求人事情と転職時のポイントまとめ

職業:医師

12views

imasia_3007071_M

 

<この記事のまとめ>

  • なり手が少ないこともあり、形成外科医の求人需要は高い。
  • 内科・外科・皮膚科など科をまたいだ豊富な知識が必要になるので、勉強が必要。手術とワンセットの部分もあるので、勤務ローテーションが大変なケースも多い。
  • 患者とのコミュニケーションはもちろんのこと、子どもの患者も多いので子どもに好かれることも大切。

 

医師不足になりがちな形成外科。求人数は多い。

 ほくろ除去の手術から後天性眼瞼下垂の手術まで、扱う範囲が多岐に渡っているのが形成外科です。病院によっては美容外科と変わらない診療を行っている所もあり、患者さんの数も多く、病院としても採用したい医師の求人のトップに上がるのではないでしょうか。その割に医師のなり手がないのもこの科目です。

 

 その一因として、手術と診察のローテーションの毎日は若手の医師でも大変であり、体調を崩してしまう方も多いことが挙げられます。もちろん、病院でもそのような状況をかなり考慮して、スケジュール的にも無理のないようなシフトを組んでいることが多いです。

 

 また、治療薬の数も多く外科と内科が入り混じっているこの科は、内科・外科・皮膚科など多岐の分野にまたがった知識が必要のため勉強をしなくてはいけないことも多く、医師不足になることが多い診療科目です。

 

形成外科医に求められる3つのポイント

 

  • 1、コミュニケーション能力

 形成外科は手術と1セットになっている場合が多いので、不安を抱えてくる患者さんが多いです。また、酷くならないと来ないのが形成外科なので、多くの患者さんが診察する際にはかなりの痛みを訴えます。そのため、患者さんたちの不安を取り除き、現在の病状を説明して手術の同意をしてもらうのはコミュニケーション能力が大切になってきます。

 

 さらに、患者さんの中には不安感から感情的になってしまう方や攻撃的になってしまう方がいらっしゃるので、その方たちと如何に冷静に話し合いクレームがつかないようにするかも重要な要素になってきます。

 

  • 2、子供好きであること

 形成外科は意外に小児科から紹介されてくる場合も多く、毎日お子さんがやってきます。指の奇形などで手術が必要になる場合も多いので、小さなお子さんとのコミュニケーションは欠かせない条件になってきます。とくに、手術後などは一定の通院が必要になるため毎週お子さんたちと顔合わせも多くなり、その度に傷口を見なくてはいけないのでお子さんからは嫌われます。そのため、子ども好きの方が親御さんも信頼してくれますし、小さいお子さんも暴れずに処置させてくれるので有利です。

 

  • 3、科をまたぐ豊富な知識

 上記でも述べましたが、形成外科は外科・内科・小児科・皮膚科など多岐に渡る知識が必要です。また、老人性の疾患のためにいらっしゃる方も多いので老人医療の知識もないといけません。そのため、あらゆる病状を覚え的確な診断が必要になってきます。そこで重要なのが豊富な知識です。形成外科の医師は日々かなりの勉強が必要になってきます。

 

形成外科への転職時に注意すべきこと

 形成外科はいつも一定数の求人があるので、妥協せずにできるだけ自分の希望条件と合う職場を探すと良いでしょう。病院によっては提携病院への定期的な出向など含まれている病院もあるため、自分自身の希望を先に述べて病院側と相談することをオススメします。

 

 また、あらかじめ医師専用の転職エージェントなどに登録しておくことで、より良い条件の求人を見つけることも可能になるので、積極的に利用していくと良いでしょう。

本記事は2016/10/21の情報で、内容は医師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

医師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「リクルート」!医師の転職でもリクルートグループのエージェントサービスが人気が高い!

  2. 医療系人材紹介で知名度抜群の株式会社メディウェルが運営!ジャンルを絞った人材紹介ゆえに医師求人数は業界最多水準!

  3. ソニーグループ運営の「エムスリーキャリア」!医療関係の人材紹介での豊富な情報と実績が強みのサービス!

ページ上部へ移動する