精神科の医師求人事情と転職時のポイントまとめ

職業:医師

11views

imasia_6105602_M

 

<この記事のまとめ>

  • 精神科はここ20年で医師数を大幅に増加させてきた診療科。まだ医師数が不足しているので求人は比較的多い。
  • 患者さんとのコミュニケーション能力や強いメンタルが問われる。最新治療や処方箋への知識も求められるので、常に勉強が必要。

 

精神科は医師数の増加率が高い診療科の一つ

 精神障害患者の増加に伴う精神科病院の新設により、精神科で働く医師の数はここ20年で飛躍的に増えています。そのため、精神科医の求人は常に一定割合で募集されています。

 

 精神科の患者さんの特徴として、豊富な知識を競い合う傾向があり、彼らの出されている処方箋により彼らの地位が決まることもあるようです。また、診察は殆ど問診と彼らの自己申告により診断されます。そのため、精神科の医師は余裕を持った態度で臨み、彼らの攻撃的な質問やマニアックな質問にも憤慨せず丁寧に応えていくことが必要になります。

 

 また、患者さんたちは強い薬を好む傾向があります。なので、できるだけ患者さんを不快にさせることなく治療をすすめ、処方箋が合っているかどうか見極めることも大切になってきます。

 

 精神科の保険点数はかなり病院の経営にも影響を与えるため、どの精神科でも患者さんとのコミュニケーションを大切にして集患率に還元しようと対策を練っています。そのため、精神科医師の求人はいつも一定にあり安定しているため、比較的他の科目に比べて職を見つけやすくなっています。

 

精神科医に求められる3つのポイント

 

  • 1、患者さんとのコミュニケーション能力

 精神科に来る患者さんは、かなり感情的になっていたり攻撃的になっていたりして普通の状態ではないことが多いです。精神科の医師はそのような患者さんに対して的確に患者さんの状態を聞き出し治療計画を練り、処方箋を探さなくてはいけません。

 

 また、患者さんによってはかなり詳しい処方箋の知識を問いただし、精神科医の知識の深さを試そうとするためだけに診察を受けに来る患者さんもいます。そのような患者さんに対して、不快にさせず尚且つ適切な治療を行うためにはかなりのコミュニケーション能力が必要です。

 

  • 2、新しい処方箋や最新治療などの知識

 精神医学に分野は急速に発達を遂げた分野です。一方、未だに分からないままの部分も多く、日夜研究が行われています。新事実や新しい処方箋などが他の科目より頻繁に出てくる分野です。そのため、新事実や新しい知識はいつも理解して患者さんに説明できるようにしていた方がいいでしょう。精神科の患者さんの傾向として、歴史や古い処方箋などには見向きもしない人も多いので、新しい事柄だけをいつもアップデートしておくだけで患者さんの信用の度合いもかなり違ってくるでしょう。

 

  • 3、患者さんに引っ張られない強い精神力

 精神病の患者さんは普通の対応ではまず納得しません。それは精神病独特の症状ですが、正常な感覚をもっている精神科の医師はかなりの精神力を消耗してしまいます。経験を積めばそのような患者さんにも余裕を持って接することができるのですが、若い内はつい患者さんに影響され自分自身も少しおかしくなるような場合があります。そのため、それに負けない精神力を持つことが必要です。

 

自分の得意分野は積極的にアピール!

 近年の精神科の患者さんの傾向としては、うつ病、拒食症、境界性人格障害、またはパニック症候群などの病気がメインの診察になってきます。そのため、その分野の知識や研究経験がある方は積極的にアピールしたほうが良いでしょう。

 

 また、長期治療の患者さんなどが多い精神科では治療というよりはメンテナンスの側面が強いため、そういった知識や経験が豊富な人は病院へ積極的にアピールするのをおすすめします。

本記事は2016/10/21の情報で、内容は医師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

医師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「リクルート」!医師の転職でもリクルートグループのエージェントサービスが人気が高い!

  2. 医療系人材紹介で知名度抜群の株式会社メディウェルが運営!ジャンルを絞った人材紹介ゆえに医師求人数は業界最多水準!

  3. ソニーグループ運営の「エムスリーキャリア」!医療関係の人材紹介での豊富な情報と実績が強みのサービス!

ページ上部へ移動する