リハビリテーション科の医師求人事情と転職時のポイントまとめ

職業:医師

8views

imasia_5819227_M

 

<この記事のまとめ>

  • リハビリテーションの重要さが浸透してきた昨今、リハビリテーションを専門とする医師の需要が様々なところで増えてきている。
  • 従来とは違い、リハビリ科であれば患者と真摯に向き合える時間が増える。急患や夜勤がないので、自分の生活リズムを大切にしながら仕事ができる。
  • 一方、他の診療科への転職はしづらい。夜勤手当などもつかないので、給与面では他の診療科よりも低めになることが多い。

 

様々な医療現場でリハビリ専門医の需要が高まってきている

 昔は治療からリハビリまで整形外科医一人で全て管理することが多かったのですが、リハビリテーションの重要さが叫ばれてからは、病院側でも診察専門の医師とリハビリテーション専門の医師を置くところが増えてきました。

 

 日本ではまだあまりなじみがありませんが、スポーツ医学などの分野ではリハビリテーションを重要視することは患者さんQOL(Quality of Life)を向上させることだという考え方が主流になっています。

 

 また、整形外科だけでなく、OT/PT/STにも医師を常駐したり、嚥下機能のリハビリテーションや視力回復センターなどでも医師の求人があるなど、従来の外科分野だけでなく内科・眼科など広い分野においてもリハビリテーションを専門とする医師の求人が増えています。

 

医師がリハビリ科で働くことのメリット

 何といっても、患者さんとじっくり向き合える時間が従来の外来診療よりも増えることに尽きます。今までは流れ作業のように次々と患者さんたちを診察しなくてはいけなかったのが、リハビリの専門科の場合には患者さんがどの程度まで機能回復したかなど観察したり、今後のスケジュールを立てたりと、比較的患者さんたちとコミュニケーションを取りながら治療をすすめることができます。

 

 また急患がない分野なので、家庭がある女性医師などには定時に帰れることもメリットです。定時に終わるため小さなお子さんがいらっしゃる医師の方は、家族との時間も取れ、手術や夜勤も無いので比較的体力に自信がない方でも働けるのもメリットです。

 

 今後ますます増えていくだろうと予想される求人なので、リハビリテーション分野での症例や実績が豊富であれば転職時には自分をアピールする武器になるでしょう。

 

医師がリハビリ科で働くことのデメリット

 リハビリテーション科は後期療養型病院や施設などで働くことがほとんどのため、もし一般急性患者さんを診察する病院へ転職したい場合には今までのリハビリ医師としての実績があまり活かされない場合もあります。

 

 また、リハビリテーションは一つの確立された分野なので、一度リハビリテーションで実績を積んでしまうと他の分野に移りにくいというのもデメリットになってきます。しかし、今後その求人率が増すであろう分野なので、実績を積んでその道のスペシャリストとして

 

 その他にも、急患や夜勤が無い分それらの手当てが付かないために、一般病院の医師よりも給与面に差が出てきてしまう場合もあります。こういった点は常に念頭においた上で転職活動をすることが大切です。

本記事は2016/10/20の情報で、内容は医師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

医師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「リクルート」!医師の転職でもリクルートグループのエージェントサービスが人気が高い!

  2. 医療系人材紹介で知名度抜群の株式会社メディウェルが運営!ジャンルを絞った人材紹介ゆえに医師求人数は業界最多水準!

  3. ソニーグループ運営の「エムスリーキャリア」!医療関係の人材紹介での豊富な情報と実績が強みのサービス!

ページ上部へ移動する