眼科の医師求人事情と転職時のポイントまとめ

職業:医師

20views

imasia_3007071_M

 

<この記事のまとめ>

  • 昔から眼科医の求人は一定の需要があったが、レーシックなどの技術発展により今後も求人は増えていくと予想されている。
  • 基本的には外来がメインの診療科だが、最近は入院患者への対応も増えてきている。力仕事は少なく、緊急対応もないケースが多いので、女性医師の活躍しやすい診療科でもある。
  • 転職に際しては、最新技術や機器の知識、患者さんとのコミュニケーション能力などが問われる。

 

眼科は常に一定の求人需要があり、今後も安定している見込み

 昔は目の病気や白内障、またはメガネの矯正など決まった診察しかなかった眼科ですが、最近ではレーシックなどの新技術や人工レンズのインプラント手術など目覚ましい発展を遂げています。また、患者さんを持ち上げたりなどの診察も必要のない科目なので女性医師でも安心して働ける環境になっています。

 

 さらに、糖尿病や自己免疫性疾患などの慢性疾患による目の病気の患者さんも増加中のことからも、眼科医は今でも一定の求人率がある科目になっています。また、レーシック手術や白内障手術のため入院する機会も増えたので、外来患者さんだけでなく入院患者さんへの診察も多くなったため、眼科の医師の需要はますます高くなる見込みです。

 

眼科医として採用率をあげる3つのポイント

 

  • 1、最新技術の機器の知識やその後の患者さんへのメンテナンス能力

 レーシック手術や人工レンズのインプラント手術など最新技術を要する手術が眼科には導入されています。また、レーシック手術などはレーザーを使用する手術であり、最新機器では設定ボタンを押すだけで細かなレーシック手術をやってくれる機械まで登場しています。しかしそのような最新技術が増える分、今まではあり得なかった手術の副作用についてのメンテナンスや治療を行わなくてはいけなくなりました。そのため、最新機器の知識や技術、または問題が起きた際の患者さんへのトラブルシューティング能力など昔では考えられなかった問題に対応する知識が求められています。

 

  • 2、患者さんとのコミュニケーション能力

 眼科医は大人から子どもまで診察し、診断の決定を下します。とくに子どもの治療に関してはかなりの神経を使います。また、目の病気は失明など深刻な結果をもたらす場合も多く、患者さんの精神的なケアなどにも気を配らなくてはいけません。そのため、老若男女問わず意思疎通のできるコミュニケーション能力が高い医師の方が眼科には適しています。

 

  • 3、手先の器用さと体力

 眼科は外来患者さんがメインとなる診療科です。また、目への投薬治療や切開手術など神経を使う手先の仕事も多いのが特徴です。そのため、体力に自信があり手先も器用な人が眼科医として続きやすいです。

 

自分の得意分野は積極的にアピール!

 近年の眼科の患者さんの傾向としては、レーシック手術、レンズのインプラント手術、慢性疾病(糖尿病などの)の合併症による治療、またはアレルギー性の目の病気がメインの診察になってきます。そのため、その分野の知識や研究経験がある方は積極的にアピールしたほうがいいでしょう。

 

 また、コンタクトレンズやレーシック後の患者さんは、治療というよりはメンテナンスという側面が強いため、そういった知識や経験が豊富な人は病院へ積極的にアピールする事をおすすめします。

本記事は2016/10/20の情報で、内容は医師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

医師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「リクルート」!医師の転職でもリクルートグループのエージェントサービスが人気が高い!

  2. 医療系人材紹介で知名度抜群の株式会社メディウェルが運営!ジャンルを絞った人材紹介ゆえに医師求人数は業界最多水準!

  3. ソニーグループ運営の「エムスリーキャリア」!医療関係の人材紹介での豊富な情報と実績が強みのサービス!

ページ上部へ移動する