外資系運送会社の求人事情

業界:運送会社(陸運)

84views

imasia_6238294_M

 

<この記事のまとめ>

  • 日本における外資系の運送会社は大手の企業が多く、運送業だけではなく物流業そのものを営んでいるケースが多い。そのため、物流関係の求人や倉庫の求人なども多いのが特徴。
  • 給料などが高待遇であること、キャリアアップを目指せること、から日系の運送会社から転職を目指す方も多い。ただし、シビアな環境であることが多いので、事前リサーチが大切。

 

外資系運送会社の特徴は?

 グローバル化が叫ばれるようになって久しくなりますが、運送業界においても外資系企業は増えています。外資系の運送会社は、その多くがいわゆる大手外資系運送会社となります。外資系企業とは言っても特に英語などの語学が必要となるケースは少ないのですが、日本の企業と違ってシステム化が進んでいることも多く、日本の運送会社との職場環境の違いはあるかもしれません。

 

 外資系運送会社への転職を目指すにあたっては、このように日本の企業とは違った点があることをまず頭に入れておくことが重要です。

 

運送業だけではなく、物流業の求人も多い外資系企業の求人

 外資系運送会社の求人には、日本の運送会社の求人には見られない特徴も多く見られます。その中の1つに、物流関係の求人が多いという事です。外資系運送会社の場合、その多くは大手運送会社であることがほとんどで、運送業だけではなく物流業として展開しているケースが多くあります。

 

 そういったことから運送業としての求人はもちろん、物流業としての求人も多く見受けられるのが特徴的です。

 

倉庫関係の求人も多いのが特徴

 外資系企業では物流関係の求人が多い関係から、倉庫関連の職種の求人も多く見受けられます。物流業としての側面が見られるのが外資系運送会社の特徴なので、そこから倉庫管理や倉庫内おける職種の求人の需要が高まります。

 

 倉庫関係の求人を探している場合、こうした外資系の運送会社の求人に注目してみるのも1つのポイントです。

 

キャリアアップを目的として転職する方が多い

 外資系運送会社への転職を目指す人の特徴として、営業職や管理職としてのキャリアアップを目的としている人が多くなっています。外資系運送会社には給与などの条件面で好待遇な求人も多く、そういった面からも日本の運送会社からの転職を目指す人は多いです。

 

 もちろん単純に外資系だからといって条件が良いとは限りません。また外資系の場合、日本の企業よりもよりシビアな環境での労働になることも多いので、そのあたりも踏まえた上でしっかりと検討して転職することが重要です。

本記事は2016/09/29の情報で、内容は運送会社(陸運)での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する