運送会社/残業なしの求人について

業界:運送会社(陸運)

18views

imasia_6891144_M

 

<この記事のまとめ>

  • 一般的に運送会社に残業はつきもの。事務職などは定時に帰れるケースも多いが、ドライバーに関しては残業が多くなりがち。
  • ドライバーは残業手当がつかない事が多いので、転職前にその点をしっかりと確認する。ルート配送のドライバーであれば、ある程度時間が読めるため残業が少なくなる傾向にある。

 

運送会社の残業事情について

 運送会社における残業事情は、会社や職種によって大きく変わってきます。例えば、事務職や経理職などは残業が少ない傾向にあり、業務を行う部署やドライバー職などは残業が多いと言われています。

 

 しかしながら、ドライバーが帰社しなければ伝票処理が終わらない等、その日の処理が必要となる経理・事務作業などがある会社の場合などは、こうした事情から経理や事務職でも残業が多くなることもあります。ただ、一般的に内勤の業務については残業は少ない傾向にあると言えます。

 

ドライバーには残業がつきもの

 運送会社におけるドライバーの仕事は、ある意味で残業はつきものであると言わざるを得ません。ドライバーの仕事のほとんどは、決められた荷物を決められた配送先へ届けることがその任務となります。それゆえに、定時が来たからといってそこで業務を終了させるわけにはいきません。予定している荷物を全て配送先へ届けて初めて業務終了となるのです。

 

 道路事情や配送先で荷物の積み下ろしの順番待ち、こうした理由から残業を余儀なくされます。しかしながら、これらについてはあくまでも決められた、与えられた業務となるので、そもそも残業として扱われることは少ないです。残念ながら多くの会社で残業手当などが付くことはなく、あくまでも決められた仕事として扱われていることを事前に知ってくことも重要かもしれません。

 

運送会社で残業のない求人を探すには

 冒頭でもお話させて頂いたように、運送会社では残業はつきものです。しかし、もちろん定時でしっかりと終わる会社・職種もあり、これはやはり運送会社ごとに変わってくるとしか言えないところです。残業の無い求人を探す際には、しっかりとこのあたりを確認することが重要で、面接前などに事前に電話などで問い合わせをすることも重要です。

 

 ドライバー職においては残業の無い業務は少ないかもしれませんが、ルート配送など決まった得意先を回る業務などの場合には比較的就業時間は安定しやすいという事もあります。残業についても、大幅に時間のずれや長引くなどの場合に例えば手当がつくのかどうか、そうした点においてもしっかりと確認することが重要になります。

本記事は2016/09/29の情報で、内容は運送会社(陸運)での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する