運送会社/長距離・中距離ドライバーの求人事情

業界:運送会社(陸運)

36views

imasia_14407375_M

 

<この記事のまとめ>

  • 日をまたいでの勤務になることも多いなど、仕事内容がハードな「中・長距離ドライバー」。その分、給与は一般的なドライバーよりも高いことが多い。
  • 長距離の配送を行っている会社はそこまで多くないので求人の絶対数は多くないが、長距離配送に対応している会社においては非常に求人需要が高い職種。

 

ハードな仕事である中・長距離ドライバーの仕事

 日をまたいだり、何日もかけて遠方への配達業務を行うのが、中・長距離のドライバーの仕事です。中距離の配送業務などの場合にはその日のうちに業務が終わることも多くありますが、長距離の配送業務は日をまたいでの運行となることが一般的です。

 

 そのため、配送を終え帰社するまでには数日を要するケースもあり、ドライバーの仕事の中ではハードな仕事の1つであるとも言えます。それ故に、中・長距離ドライバーの給与はいわゆる地場の近距離の配送の仕事よりも高い傾向にありそれを大きな魅力としてこれらの職種へと転職を目指すケースも多いです。

 

中・長距離ドライバーの需要は非常に高い

 運送会社におけいて、中・長距離ドライバーの求人需要は高いです。給与の面では地場を走るドライバーよりも高い傾向にあるとは言え、やはりハードな職種だと言えますので、基本的には慢性的に不足しがちな職種であるとも言えます。

 

 特に、ある程度固定の取引先の場合は長距離運行とはいえ行先も決まってきますが、スポットでの長距離運行業務を請け負う会社などにおいては、業務ごとに行先や荷物などが変わってくるので、特にドライバー不足となりがちです。

 

 こうしたことから、中・長距離ドライバーの需要は高く、中でも長期的な勤務が可能なドライバーの確保は、長距離での配達業務を請け負う運送会社にとっては大きな課題となります。

 

求人を出している会社はそこまで多くない

 長距離ドライバーの求人の需要が高いことに関してはすでにご説明しましたが、長距離での配送業務は元々業務として請け負っている運送会社とそうでない運送会社がありますので、一般的なドライバーの求人数に比べると少ないのが現状です。

 

 また、こうした配送業務の運賃は年々下がっている傾向にあり、出来るだけ効率的な運行を行うことが求められるようになっています。運送業界でもシステム化・効率化が進み、各配送センターを経由する効率的な運行が可能になり、昔のように一台の車両で長い距離を走るケース自体も減っているという側面もあります。

 

求人を探す際にはしっかりと業務内容や条件面の確認を

 長距離のドライバーに限りませんが、転職において条件面などは非常に重要です。長距離ドライバーの場合は特に、給与の面などに重きをおいての転職となることが多いので、よりこうした条件的な部分においての確認を怠らないようにしたいものです。

 

 特に運賃の悪化から、長距離ドライバーの待遇面も昔と比べると下がっている傾向もあります。ハードな職務であるからこそ、しっかりと働いた分の評価を貰える環境で働くことが大切です。転職を目指す際にはこうした点に気をつけて、自分の希望に合った良い求人を探してみてください。

本記事は2016/09/28の情報で、内容は運送会社(陸運)での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する