運送会社/整備士の求人事情

業界:運送会社(陸運)

27views

imasia_4476687_M

 

<この記事のまとめ>

  • 車両の整備は運送会社にとって欠かせない業務であるが、中小運送会社などではその仕事を外注していることが多い。そういった背景もあり、運送会社における整備士の求人は少ない。
  • 整備士の勤務体系は不規則になりがちなので、転職前にしっかりと確認することが大切。もちろん保有している国家資格も重視されるので、大手への転職を考える際には必要とされる資格を必ずチェックする。
  • 小さな運送会社では、整備士本来の仕事以外の業務も求められることがある。

 

運送会社において希少な「整備士の求人」

 運送会社における整備士の求人は、ドライバーや営業職などの他の職種に比べるとその数は多くないのが現状です。運送会社において、車両はその業務を行う上で欠かせないもとなり、安全で法に則った運行を行う為には日常の整備点検は欠かせません。

 

 しかしながら、こうした整備やメンテナンスなどは自社で行うことなく、提携業者や委託先へとお願いする運送会社も多く、特にそれほど車両の多くない中小運送会社などでは整備士をおかない会社も多くなっています。

 

整備士の条件面について

 運送会社の整備士の求人では、条件面はそれほど期待できるものは多くなく、特に経験の浅い整備士などはよりその傾向が高くなります。また、整備士の仕事は勤務体系が不規則になることもあります。運行の無い休日に合わせて整備やメンテナンスを行ったり、運行後や運行前と言った一般的な就業時間から外れた時間帯の勤務を余儀なくされる場合もあります。

 

 もちろん、こうした条件面に関しては運送会社によって大きく変わってきます。転職を規模応する際にはこうした条件面をしっかりと確認し、自分に合った条件を探すようにしましょう。

 

転職するのに有利な資格はある?

 整備士の求人おいては未経験OKと言うものは少なく、ある程度の経験がある方が転職に圧倒的に有利です。特に、資格は数多くもっていると転職に際しても大きな武器となります。

 

 整備士の資格は国家資格として様々な資格があり、運送会社によっては全てが武器になるわけではありませんが、大手運送会社などへの転職を考えている場合には、どんな資格が必要でどんなスキルを求められているのかなどもしっかりとリサーチすることが重要です。

 

将来性についても考えることが大切

 整備士として運送会社に転職を行う際には、将来性や自分のやりたいことなども考慮して活動することが重要です。特に小さな運送会社などになると、様々な役割や業務を求められることになります。当然整備士としての仕事だけでなく、他の仕事もしなくてはならない状況になることも考えられます。

 

 整備の仕事がしたくて転職しても、それらの業務を専門的に出来ないような会社への転職となっては本末転倒です。面接などでしっかりとこうした業務内容を確認しておくと同時に、会社の将来性などについても頭に入れて、求人を探すのがベストです。

本記事は2016/09/28の情報で、内容は運送会社(陸運)での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する