ケアマネジャーの年収相場

職業:ケアマネジャー(介護支援専門員)

66views

pixta_22097136_M

 

全体的なケアマネジャーの年収水準と推移

  • ケアマネジャーの平均年収

 ケアマネジャーの平均年収は370万円程度です。基本給が20万円後半で賞与が2ヵ月程度となっていますが、事業所によっては基本給が少なくて手当や賞与が多くなっているところもあります。ただ、総額で考えるとそれほど乖離はありません。

 

 注意したいのは勤続年数です。ケアマネジャーはそもそも福祉分野で5年以上の経験がないと取得できないので、少なくとも経験年数5年以上の人だという点です。初任給として考えると年収370万円は少なくはないですが、例えば勤続年数が10年以上の人だとすると、この年収は少し見劣りするかもしれません。

 

  • ケアマネジャーの給与推移

 ケアマネジャーの給与はこれまで横ばいで推移してきており、今後も大きく変動することはなさそうです。人材が非常に不足している介護職員は処遇改善が年々進んでいますが、ケアマネジャーは直接介護をするわけではありませんし、各事業所内で配置人数も少ないことから、どちらかと言うと軽視されがちなポジションです。

 

 しかし、主任ケアマネジャーの配置要件を求める加算が創設されており、今後はキャリアを積んだケアマネジャーに対しての処遇改善も期待できます。

 

  • 平均年収は370万円程度で今後も大幅な変動はなさそうだが、経験を積んだケアマネジャーの処遇改善が期待されている。

 

勤務先別のケアマネジャーの年収

  • 施設ケアマネジャーの給与水準

 施設勤務のケアマネジャーは、施設の規模によって業務が大きく異なります。100床の特別養護老人ホームであれば100名のケアプランを作成しますが、50名の特別養護老人ホームの場合50名のプランしか作成しません。もちろん施設規模や事業所によって配置されるケアマネジャーの数が異なりますが、大きな規模の方が1人あたりのケアプランの作成数は増える傾向にありますし、定員の多い施設では作成したケアプランの数によって手当が支給される歩合制を採用しているところもあります。

 

 一方で、小規模のサービス付き有料老人ホームやグループホームのように入所者が少ない場合は、介護職と兼務した場合の給与ということもありますので、純粋なケアマネジャーの給与とは言えない場合もあります。

 

  • 居宅介護支援事業所のケアマネジャーの給与水準

 小規模な在宅サービス事業所は居宅介護支援事業所を抱えていないところが多く、そのような事業所で働いていた人が居宅介護支援事業所での勤務を希望する場合は、転職しか選択肢がありません。その結果、経験年数が長い人でもケアマネジャーとして働くときには給与が下がり、居宅介護支援事業所に勤務するケアマネジャーの平均給与を押し下げていると考えられます。

 

 調査によるとケアマネジャーの平均勤続年数は8年という結果がありますが、居宅介護支援事業所のケアマネジャーの勤続年数にはムラがありますので、年収にも差が出ることが多いです。

 

  • 事業所や規模によって業務内容やケアプランの作成数が異なるため、給与も変わる。転職によって年収が下がるケースも。

 

ケアマネジャーが高年収を得るためには?

  • ケアマネジャーの平均年収が上がりにくい理由

 ケアマネジャーの給与は安いと思われがちですが、それにはいくつかの理由があります。その一つは、勤務している職員には一度退職した子育て世代の女性や転職者が多く、勤続年数が短いことです。逆に一つの事業所でキャリアを積んだ人の場合は勤続年数が10年近い人が多いので、数年のうちに管理職へと昇格してケアマネジャーではなくなってしまうのも平均年収が上がりにくい理由です。

 

 関西の社会福祉法人に10年以上勤めている女性ケアマネジャーで、諸手当込みで年収が530万円ほどという実例もあります。着実に勤続年数を重ねれば、他業種と比較しても引けを取らない年収に達する可能性は十分にあります。

 

  • 高水準の年収を確保しているケアマネジャー

 ケアマネジャーのキャリアは介護職員や看護職員、生活相談員などで5年以上勤めることが必須条件です。つまりこの5年のキャリアを活かすのが高水準の年収を確保する近道です。

 

 例えば、給与水準の高い看護師として勤務していたにもかかわらずケアマネジャーとして別事業所に転職してしまうと給与は確実に下がります。しかし、同じ事業所内でケアマネジャーに職種を変更することが可能であれば、少なくとも基本給は同水準を維持することができます。ケアマネジャーとして高水準の給与を得るためには、一つの事業所で実務経験を積んで資格を取り、そしてケアマネジャーとして勤務するのが一つの方法です。

 

  • 一つの事業所でケアマネジャーとして経験を積めば高年収も期待できる。

 

本記事は2016/09/28の情報で、内容はケアマネジャー(介護支援専門員)としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ケアマネジャー(介護支援専門員)に関連する基礎知識

ケアマネジャー(介護支援専門員)TOP

  1. ケアマネジャーの求人事情

ケアマネジャー(介護支援専門員)の転職の基礎

  1. ケアマネジャーの仕事内容
  2. ケアマネジャーの採用先の分類
  3. ケアマネジャーの年収相場
  4. ケアマネジャーの履歴書の例文(1)
  5. ケアマネジャーの履歴書の例文(2)
  6. ケアマネジャーの転職と年齢
  7. ケアマネジャーに必要なスキル・能力
  8. ケアマネジャーの魅力とやりがい
  9. ケアマネジャーと他職種との関係

条件別のケアマネジャー(介護支援専門員)の求人

  1. 高年収
  2. 未経験可

年齢別のケアマネジャー(介護支援専門員)の転職例

  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代
  4. 50代

ケアマネジャー(介護支援専門員)に関するコラム

  1. アルバイト・パート
  2. 独立・開業
  3. 勤務時間・残業・休日
  4. 男女比と勤務事情
  5. 悩み・大変なこと
比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する