運送会社の求人の選び方のポイント【ブラック企業に転職しないために】

業界:運送会社(陸運)

68views

imasia_11420134_M

 

ブラック企業を避け、今より働きやすい環境の運送会社を選ぶために

 転職は今より働きやすい環境やより良い条件を手に入れるためのきっかけでもあるので、転職をしてさらに条件が悪くなったとなっては本末転倒です。やはり求人の選び方は非常に重要で、なんとなくで選んでしまうと後々後悔することにも繋がりかねません。

 

 運送会社は基本的に拘束時間の長い仕事が多く、それらについては求人段階では分かりにくいことがほとんどです。だからこそしっかりと条件の良い求人、自分の希望に合った求人を見つけることが重要になります。

 

求人募集の広告などは鵜呑みにしない

 まず求人を選ぶ際のポイントとして頭に入れておきたいのは、求人広告などに掲載されている諸条件を鵜呑みにしないということです。特に勤務時間などに関しては、実際の拘束時間とは大きくかけ離れていることが往々にしてあります。

 

 ドライバーの仕事などでは、例えば道路状況であったり、積み込み作業が相手方の都合で長引いたりと、時間が長引く理由は沢山あります。そのため時間通りに終わりにくい仕事だとも言えますので、求人広告に記載している条件通りにはいかないことが多くあります。そのためまずはそれらの条件を鵜呑みにせず、事前に自分自身でしっかりとそれぞれの条件を確認しておくことが大事です。

 

具体的な条件が分からない求人には気を付ける

 求人広告において、諸条件の幅が広く、いまいちどのような条件かわからないことが多い求人にも気を付ける必要があります。

 

 例えば給与の項目において、「月収20~30万円程度」「月20万円以上」などと記載してある場合、もちろん経験やスキルなどに応じてこれらを決定することもわかりますが、こうした場合のほとんどはその最低な基準から始まることがほとんどです。

 

 紙面上の見た目を良くするために敢えてこうした表記を使うケースも多く、同時にこのような求人の多くはあまり良い条件の求人ではありません。運送会社の求人を選ぶ際にはこれらについても気を付けて見て下さい。

 

面接などではしっかりと聞くことが大事

 悪条件の企業で働かないようにするには、やはり面接時にしっかりと条件を確認することが大事です。通常であれば求人募集をする際に、入社後どんな仕事に就くかが決まっていることがほとんどです。

 

 そうなのであれば、面接時に詳しく質問をすることで、例えば勤務時間・実労働時間・拘束時間などについて質問することでそれらは明らかになります。これはドライバー職だけではなく、営業職や事務職についても同様で、運送業界は事務職などにおいてもその処理を行うために配達からドライバーが返ってくるのを待たされてしまうようなケースも考えられますので、こうした勤務時間などについてはしっかりと確認しておくことが重要です。

 

明確な回答が得られないまま入社しないこと

 質問に対して明確な回答が得られないまま入社してしまうと、後々になって自分の考えていた条件と違うと言った結果を招いてしまう恐れがあります。条件の悪い会社へ転職しないように気を付けるためには、まずこうした面接などの場で明確な回答を貰えない会社には入社しないことが大切です。やはり総じて勤務時間・拘束時間が長いのが運送会社の実情です。

 

 こうした実情を隠さずにしっかりと条件提示をしてくれるのか、それとも実情は隠すようにして具体的な回答を避け、なんとなくの回答しかくれないのか、どちらの会社に入社すべきで、どちらには入社すべきでないのかは言うまでもありません。悪条件な運送会社へ転職してしまわないようにするため、これらの事を頭に入れた転職活動を心掛けて下さい。

 

  • 転職失敗で後悔をしないために「求人選び」をしっかりとする。悪条件の会社を入社前に見抜くことが大切。
  • 運送会社は基本的に長時間勤務になりがち(特にドライバー)。求人広告の条件をそのまま信じるのではなく、面接などでしっかりとヒアリング&確認することが大切。

 

運送会社への入社前に確認しておくべき諸条件

 

<職務内容と拘束時間>

 具体的な仕事内容と拘束時間については確認必須です。

 

 特にドライバーの仕事の場合、例えば単純に運転がメインとなるのどうかでも仕事の大変さは大きく変わります。積み下ろしをリフトやパワーゲートを使うことの出来る車両なのか、もしくは1つ1つの荷物を自分で運んで積み下ろししなくてはならないのか、これによっても大きく変わります。

 

 また、拘束時間についても確認しておくことは大事です。運送会社の場合、実労働時間と拘束時間には大きな隔たりがあるケースが多いです。例えば当日配送分の仕事を終えた後で、翌日配達分の荷物の積み混みまでをその日の業務として終えなければならない仕事があるとします。この場合、配達を終えてから翌日分の積み混みまでに長い空き時間が出来ることがあります。会社側はこの間を労働時間と見なさないことが多いですが、実際には空き時間と言っても特に自由に何かを出来るわけでもないので、実際のところではこれは拘束時間として見なしておく方が賢明です。

 

 このように実労働時間だけで判断してしまうと、実際に勤務し始めてかた想像していた条件と違った、となることがあるので注意が必要です。

 

<給与体系>

 給与に関しては最も大事な事なことなので入社してから行き違いがないようにしておきたいところです。例えば募集時に「日払い」や「歩合制」などの記載している場合、これらの条件も確認しておくことが大事です。こうした特殊な給与体系を期待して入社したものの、実際には付随条件が存在していたというケースも多いです。

 

 また賞与や昇給などについても規定がある場合にはしっかりと確認しておくことが重要です。

 

<ペナルティや罰則について>

 ドライバーの仕事を希望する場合については、ペナルティや罰則の有無などについての確認も重要です。そのペナルティが給与からの天引きとなるなども多くあります。例えば配送中に商品を破損させてしまった場合についての処遇を確認する必要があります。多くの場合個人的な責任として扱われるケースが多く、また配送の遅延などによっても罰則が設けられているケースもありますので、これらについても確認しておく必要があります。

 

<その他福利厚生など>

 その他にも寮完備の求人やスポットの求人への応募の際には、条件的な面を確認しておくべきことがあります。

 

 寮完備の求人に募集する際にはいつから入寮できるのか、退社後はいつまでに退寮しなくてはならないのか、後々のトラブルを避けるためにも確認しておくべき項目です。またスポットの仕事に関しては色々と条件的にも変則的になることが多いので、こちらもしっかりと条件面を確認しておきましょう。

本記事は2016/09/27の情報で、内容は運送会社(陸運)での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する