【運送会社への転職】 志望動機・面接のポイントをチェック!

業界:運送会社(陸運)

148views

imasia_10321674_M

 

運送会社への転職時の志望動機のポイント

 

<志望動機は転職を成功させるための大きなポイントになる>

 志望動機は転職活動を左右する大きなポイントの1つです。やはりいくら経験が豊富で高いスキルを所有している人材であっても、志望動機が良い印象を与えるものでなければ採用を見送られてしまうケースが往々にしてあります。

 

 履歴書、面接、など転職活動における重要なポイントで必要となる志望動機については、採用担当者から見た時にプラスに繋がるものとそうでないものとに分けることが出来ます。もちろんプラスに繋げることができる志望動機を考えておく事が重要なのは言うまでもありません。

 

<運送業界において好ましくない動機とは>

 運送会社への転職、特に同業界内での転職の際に多いのが、給与などの条件面を理由にした転職です。ドライバー職はハードな労働環境にも関わらず悪条件下での雇用が多いので、どうしてもこうした条件面を理由に転職を希望する人が多いのが現状です。

 

 もちろん給与や労働環境などは働き続ける上で非常に重要な問題となりますが、「金銭的な問題」や「休日や労働時間」など条件的な問題が志望動機である場合、採用担当者にあまり良い印象を与えることが出来ないことが多いです。

 

 より良い条件を求めて転職を希望する人の場合、今後もし今より良い条件の会社が見つかれば再度転職を希望するケースが多いからです。特に運送業界ではこうした傾向が高く、採用担当側もこう言った現状を踏まえておかなくてはならず、好条件を求めての転職の場合にはどうしても慎重にならざるを得ない現状があります。

 

<採用担当者に良い印象を与える志望動機とは>

 好印象を与えることが出来る志望動機は、やはり「前向きな理由」であることです。「不満があるから転職を希望している」といったマイナスの要素を前に出すのではなく、「現状よりもキャリアアップしたい・スキルアップしたい」「自分のやりたい仕事が出来る環境に移りたい」など、採用担当者の目にも前向きな理由での転職だと映りることが大切です。

 

 例えば、「スキルは高いが前職場に不満を抱えており、少しでも高い給料を目指している人材」と「スキルはさほど高くないが、より自分を磨くためにやりがいのある仕事を求めている職場への転職を希望する人材」、企業側からすると前者のスキルの高い人材を採りたいのは山々ですが、長期的な雇用を考えた時には後者の志の高い人材を採用することが多いでしょう。

 

 ドライバー職においては運送会社によってその業務内容は大きく変わります。例えば、自分の得意とする仕事・やりたいと思っている仕事に就けない場合、強みを活かすためにやりたい仕事が出来る運送会社へと転職を希望することは前向きな転職だと言え、採用担当者の目にも留まりやすくなります。

 

 特に運送業界は転職が多い業界でもあり、その志望動機はあまり前向きなものではないことが多いです。そうした現状を踏まえ、しっかりと前向きな志望動機を用意するようにしておけば、転職活動はより結果へと繋がっていくはずです。

 

  • 志望動機は転職活動において重要なウエイトを占める。採用担当者に好印象を与える志望動機を考えることが大切。
  • 転職が活発で志望動機があまり前向むきでないことが多い運送業界において、しっかりと前向きな志望動機を用意することが転職成功への第一歩。

 

運送会社への転職時の面接のポイント

 

<面接は転職活動の最重要ポイント!>

 面接は転職活動における最重要となるポイントです。これは運送会社への転職に留まらずどの業界や業種においても同じことが言えると思います。一般的には、転職活動における主な流れとしてまず履歴書などの書類を送付した上で、後日面接となるケースが普通です。大企業などの採用活動においては、こうした書類送付においてまずふるい落とされることもあります。

 

 しかし、中小運送会社などではこうした書類選考などの過程が無いことも多く、まずは電話で問い合わせ、その後面接となることも多いです。そういった意味でも運送会社への転職においては、より面接にウェイトを置いた採用活動を行っている会社が多いことが分かります。

 

<非常識な身だしなみで面接に臨まないように>

 運送会社への転職に際して、職種にもよって捉え方は様々かもしれませんが、特にドライバーの募集に関しては不十分な身だしなみで面接に臨む人が多いのも運送会社における面接の1つの特徴だと言えます。

 

 例えば営業職の人間などであれば、転職活動における面接にはスーツで臨むことが当たり前だと考えますが、ドライバーの場合、業務中に身に付けている作業着などが正装だと考えているケースも多く、そうした作業着などで面接を受ける人も多くいます。中には現在勤務中の会社の制服で他社の面接を受ける人もいたり、すでに離職した後の会社の制服をそのまま着用して面接を受けたりする人も見受けられます。

 

 ドライバーにとって制服は業務着でもあるのは間違いありませんが、やはり面接の場においてはスーツなりを着用してきちんとした身だしなみで臨むのがベストです。採用担当によっては特にこうした作業着で面接を受けることを特にマイナスと捉えない場合もありますが、反対にこうした身だしなみの疎かさがマイナスとなり採用の見送りに繋がるケースもあります。やはり非常識な身だしなみは人間性を疑問視されることにも繋がります。

 

<履歴書などで伝えられないことをしっかりとアピール>

 面接においては、履歴書・職務経歴書で伝えきれないことなどをしっかりとアピールすることが重要です。特に転職活動においては即戦力として期待されることがほとんどですので、これまでにどんな職務を経験して、どんなことが出来るのか、資格なども持っている場合はそれらもしっかりとアピールすることを忘れてはいけません。

 

 また、面接は自分の口で自分の考えを直接伝えることが出来る貴重な機会となります。もしこれまでの経歴上、特に強みとしてアピールすることがなかったとしても、例えば仕事に対する熱意や情熱、これからどう頑張ってきたいと考えているかなど、自分の思いや考えは誰でも伝えることが可能な場です。

 

 運送会社は体力的な面などでも大変な職務なども多く、そう言った意味でも面接の場でしっかりとアピールすることが出来る、前向きで元気な人材に関してはおのずと高い評価を下すことに繋がってきます。

 

  • 運送会社においては面接に採用判断のウエイトをおいているケースが多い。
  • ドライバー職の方は業務着などで面接に臨む方が多いが、スーツなどで身だしなみを整えていくのがベター。
  • 面接では書面上では伝えきれない、強みや熱意、パーソナリティなどをしっかりと伝えることが大切。

本記事は2016/09/21の情報で、内容は運送会社(陸運)での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する