運送会社の転職事情について

業界:運送会社(陸運)

86views

imasia_11420134_M

 

慢性的に人手不足の運送業界での転職事情

 運送業界では慢性的な人材不足に悩む企業が多くなっています。基本的に、運送業は景気のあおりを受けやすい業界だと言われており、景気が悪くなればそれだけ物が動かなくなることから、結果として運送業への需要が低くなるのです。景気の悪化は人件費のカットにも繋がるので、常に多くの人材を抱えておけない中小企業は多いです。

 

 しかし近年ではインターネットの普及により、ネット通販業などは右肩上がりの成長を見せていることからも、細かな宅配便などを中心に需要は回復傾向にあります。同時に人材の増員なども考える企業も増えていますが、あいかわらず十分な人材確保が難しいのも運送業界における課題であり、特徴となっています。

 

<他業界から運送業界へ転職する場合>

 他業界・他業種から運送業界を目指すケースは比較的多いと言えます。業界によっては経験などが転職の際に大きく影響を及ぼすことがありますが、運送会社の募集要項などではその条件には「未経験可」とあることが多いことがあるからです。

 

 ただし、運送会社への転職においてもどのような職種を目指すのかによっては、これまでの経験も大きく関係してきます。営業職の経験があれば運送会社の営業職であれば問題ありませんし、事務職や経理職なども同様です。

 

 しかし多くの場合において、運転手・ドライバーとしての募集・応募になるため、他業種からの転職の場合、未経験で始めることになり、様々な業界特有の特徴があることも踏まえてく必要があります。ドライバー職は拘束時間も長く、朝も早い時間からの勤務であることが多いのが特徴です。これらを十分に考慮した上で、慎重に募集要項などを確認することが必要です。

 

<同じ運送業界内で転職する場合>

 運送会社では同じ業界内での転職は非常に多いです。ある程度経験を積んだドライバーはどの運送会社でも必要な人材でもありますし、スキルの高いドライバーは条件的も良い条件での勤務となることも少なくありません。

 

 企業によってはやはり昇給や賞与まで中々望めないことも多く、こういった場合においてはやはり少しでも好条件を目指しての転職を行うケースが多いです。

 

 特に運送業と言うのは、ある程度長期的な業務もある一方で、短期的な仕事も多くあり、ドライバーによってはそういったキリがいいタイミングにおいて転職を考えるケースが多くなります。長期的に勤務することで働きやすくなる一方で、一向に条件が良くならないと悩みを抱えている人はより好条件を目指しての転職を行うことが多いのが特徴です。

 

<運送業界から他業種への転職について>

 運送業界から他業界への転職を目指すケースも多く見受けられます。特にドライバー職においては肉体的な問題なども大きく影響しますので、ある程度の年齢になることでドライバー職だけではなく、他の職種へのキャリアアップなども考える方も多くなります。

 

 同じ会社の中でそういったキャリアアップが難しい場合には、他業種への転職を目指すことになりますが、それまでのスキルを活かして活躍できる業界は多くありませんので、他業種への転職においてはある程度選択肢は限られてくるかもしれません。

 

  • 運送業界は基本的に人出不足の業界。景気のあおりを受けやすいので、中小企業などは多くの人材を多く抱えておけないという側面も。
  • 未経験OKの会社が多いので、他業界からの転職も問題ない。営業や経理などの経験があれば、そのまま経験を活かせる。
  • ドライバーはよりよい条件を求めて業界内で転職をすることも多い。一方、他業界への転職は選択肢が限られてくることが多い。

 

運送会社の採用職種と求人事情について

 

<中心となるドライバー・運転手>

 運送会社における採用職種の中心となるのは、やはりドライバー・運転手です。運送会社全体の人員の中で、やはり多くを占めるのはこのドライバーになります。しかし、慢性的な人員不足に悩む会社は少なくありません。

 

 ただ運送会社でも配送を主な業務としておらず、例えば倉庫管理や物流センターの運営がメインである会社においては、こうしたドライバーの募集は少なく、業務に則した職種の募集が中心となります。

 

<営業職ももちろん会社の中心となる職種>

 ドライバーの次に営業職も多く募集されています。営業職と一言に言っても、会社の規模によって求められる役割は変わってきます。例えば、中小運送会社などにおいては、「セールスドライバー」として配達兼営業の業務を行う場合もあります。

 

 小さな運送会社などにおいては昔からの付き合などで仕事を回しているところも多く、そういった場合には営業職として募集を行っていないことも多くあります。

 

<経理や事務職なども多く募集されている>

 運送業では配達に伴っう事務処理などが多く、特に伝票などの処理などを考えると事務作業は膨大になります。そういった背景から事務職・経理職なども募集されていることが多いです。

 

 ただし、これらの業務の多くはパートの人員としての募集が多く、事務職の正社員となるとやはりある程度の規模の運送会社などにならないとあまり需要はないとも言えます。

 

<大きな運送会社の場合には倉庫管理などの職種も>

 規模の大きな運送会社などになると、物流関係の業務も兼務しているところも多くあります。そういった会社では、物流センターなどの運営・管理などの業務があることから、物流関係の職種の募集も行われます。

 

 物流センターや物流の倉庫などを勤務地として、管理や運営などを行うのが主な仕事となります。このような職種においては、資格を必要とする業務も多くありますので、元々資格を保有している方であれば、転職においても有利となります。もちろん、業務に就きながら資格の取得を目指すケースも多いです。

 

  • 運送会社においてはドライバーの仕事が最も多く、企業側は人手不足に悩んでいるところが多い。営業職やルートセールスなどに対する需要も高い。
  • 経理・事務職などの求人もあるが、パートでの募集であることが多い。
  • 倉庫を保有している大きな会社であれば、倉庫回りの求人もある。資格が必要になってくることも多い。

 

運送会社の年収相場について

 

<運送会社の年収相場は400~500万>

 運送会社の年収相場は、おおよそ400~500万円あたりで推移しています。もちろんこれには大手企業から小さな運送会社まで含めた相場になりますので、実際には大手企業ではもっと高い水準の年収となり、逆にこの相場を大きく下回るのがいわゆる小さな運送会社などになります。

 

 運送業界の特徴として、一部の大手企業を除けば下請けの小さな運送会社が多いことがあり、年収増場としても大手企業がその水準を引き上げている現状があります。運送の仕事に関しては大手から下請け、さらには孫請けと言った流れで仕事が周っていくわけですが、やはり下請けになればなるほど運賃自体が低くなり、結果として貰えるお給料自体も安くなる傾向にあります。

 

<ドライバーの年収は300~400万前後>

 運送会社に勤務するとなると多くの場合、ドライバーとしての勤務になると思いますが、ドライバーの年収は300万から400万円前後が一般的な相場と言われています。ドライバーと言っても乗車するトラックなどにも種類があり、そこに付随する資格や免許などによっても年収は大きく変わってきます。

 

 他の職種と比べると低い水準ではないと思われることが多いですが、運送業の場合、例えば配達前日に荷物を積み込むなどの作業が多くあり、しかしながらこのような作業自体には手当がつかないことも多く、時間給にして考えると決して良い水準だと言えないのも事実としてあります。

 

<給与体系の違いが年収の違いをうむことも>

 ドライバーには、短距離での配送や長距離での配送などがありますが、やはり長距離ドライバーの方が年収自体は高い傾向にあります。ただ、長距離のドライバーは拘束時間や実労働時間時間自体が長いこともありますので、そのあたりも踏まえて比較する必要があります。

 

 他にも、いわゆる歩合制のような給与体系であることも多く、長距離ドライバーなどもそうであることが多いのですが、「1勤務いくら」「距離当たりいくら」といった給与体系もあります。こうした給与体系の違いは年収の差を生むことも多く、ドライバーとして勤務するにあたってこうした違いなどもしっかりと把握しておく必要があります。

 

  • 運送業界では大手から下請け、孫請け、という仕事の流れがある。基本的には大手の方が給料は高く、孫請けに近づくほど安くなる。
  • 長距離ドライバーの方が年収は高くなりがちだが、勤務条件なども考えたうえで判断する必要がある。また歩合制の場合もあるので、ドライバーとして転職するのであれば事前にしっかりとチェックする。

本記事は2016/09/21の情報で、内容は運送会社(陸運)での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する