英会話教室での独立・開業について

業界:教育、学習塾・予備校

55views

imasia_6232483_M

 

転換期である英会話業界は独立・開業のチャンス

 業界の変わり目というのは、一般的に独立開業のタイミングの一つだと言われています。その意味では英会話教室はいま大きな転機を迎えているので、絶好のチャンスとも言えるかもしれません。そう言える理由は二つあります。

 

 まず一つは、一時日の出の勢いで発展を続けていたいくつかの大手英会話教室が淘汰され、業界再編の動きが出てきていることです。大手とは<N>という朝から晩までテレビでCMを流していた教室や、経営破綻して授業料未返還などで問題になった<G>という英会話教室などが挙げられます。

 

 この2つの英会話教室が英会話業界で占めていた市場シェアは非常に大きく、それが失われたため一時は業界の売上が激減しました。そうした売上がいま少しずつ取り戻されつつあるのです。

 

 もう一つの理由は、公立小学校の科目に英語が採り入れられたからです。これは英語に対するニーズを高めることにおいては実に大きな効果がります。なぜなら、英語を学ぶ人口が一気に拡大するからです。

 

 小学生の数はいま660万人ぐらいです。そのうち5~6年生は既に授業に始まっていますから、新たに220万人が英語学習に加わったことになります。そして数年後には3~4年生の授業が始まることが既に決まっています。すると全小学生660万人のうち60%以上の440万人が英語学習に加わってくるのです。これだけ多くの小学生が英語学習を始めるとなると、英語学習熱が高まらない訳がありません。

 

  • 業界で多くのシェアを取っていた大手英会話教室2社が倒産したことや小学校での英語必修化など、英会話業界はここ最近転換期を迎えている。
  • こういった業界の転換期・過渡期は、独立のチャンスと言える。

 

英会話の独立には様々なパターンがある

 英会話教室の独立のパターンには、大きく分けて4つのパターンがあります。ここではそれぞれ具体的に見ていきましょう。

 

<自力で教室を開く>

 これはまず手始めにトライアルとして行ってみようと思う人に適しています。この場合はあまりお金はかけられませんから、教室は自宅を利用することになることが多いでしょう。とは言え、教室仕様にするためにはある程度の改装は必要です。

 

 もちろん講師は自分自身が勤め、最初は一人だけでやるのが良いでしょう。生徒の募集はパソコンで手作りのチラシなどを作り、自分で自宅周辺の家を回って郵便受けなどに配ります。

 

 また近くに団地などがあれば集会所などを利用して説明会をやっても良いでしょう。英会話教室を自力で開設するためには、この生徒募集が最も重要な業務になります。したがってこれには努力を惜しんではいけません。

 

<フランチャイズ傘下でオーナーになる>

 これは英会話教室で独立するために多くの人が利用する方法です。いまフランチャイズシステムを採用している英会話教室はたくさんあります。したがって、傘下のオーナーを募集しているところも少なくありません。そうしたところへ応募して経営権を獲得するのです。もちろん加盟金が必要ですが、それに見合う経営ノウハウが提供されますから、経営が素人の人には力強い味方になります。

 

<フランチャイズ本部の教室長になる>

 これは同じフランチャイズでも、加盟金を支払って独立したオーナーになるのではなく、フランチャイズ本部に雇われて教室長になる場合です。この場合でも経営が一切任されることになりますから、独立に近い形と言えます。

 

<児童英語教室のホームティーチャーやホームインストラクターになる>

  いま非常に求人が多いのがこの分野です。いま小学校で英語授業が始まった影響を受けて、児童英語熱が一気に高まっています。それを受けてこの分野の求人が非常に多くなっているのです。

 

 この方式は、自宅を教室にして本部の指導を受けながら教室運営を展開していくものです。もちろん生徒集めから、実際の指導に到るまで本部のスーパーバイザーが丁寧にサポートしてくれます。

本記事は2016/09/20の情報で、内容は教育、学習塾・予備校での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

教育、学習塾・予備校に関連する基礎知識

英会話教室の求人・転職事情

  1. 英会話教室業界の転職動向
  2. 英会話教室における採用職種
  3. 英会話教室の年収相場
  4. 英会話教室へ転職時の履歴書のポイント
  5. 英会話教室へ転職時の志願動機のポイント
  6. 英会話教室への転職に適した年齢
  7. よくある英会話教室への転職理由
  8. 英会話教室への転職で失敗しないために
  9. 日本人講師の求人
  10. 外国人講師の求人
  11. 事務職の求人
  12. 営業職(セールス)の求人
  13. マネージャーの求人
  14. 受付の求人
  15. フランチャイズ経営者の求人
  16. 新規開発統括責任者の求人
  17. カウンセラーの求人
  18. 正社員求人
  19. 派遣求人
  20. アルバイト求人
  21. 社会人(ビジネス)向け英会話教室の求人
  22. 英会話教室での独立・開業について
  23. オンライン英会話教室の求人
  24. ALTの求人
  25. 小学校英語補助教員の求人
  26. 児童用英会話教室の求人

パソコン教室の求人・転職事情

  1. パソコン教室の転職動向
  2. パソコン教室の仕事内容
  3. パソコン教室の採用職種の分類
  4. パソコン教室の転職と自己PR
  5. パソコン教室の転職と面接
  6. パソコン教室の転職と資格
  7. パソコン教室と学歴
  8. 正社員の求人
  9. 契約社員の求人
  10. パートの求人
  11. 常任講師の求人
  12. 残業が少ない求人
  13. 高収入の求人
  14. 経営が学べる求人
  15. 20代の転職例
  16. 30代の転職例
  17. 40代の転職例
  18. 50代の転職例
  19. パソコン教室の将来性
  20. パソコン教室の適性(向き・不向き)
  21. パソコン教室の福利厚生
  22. パソコン教室のやりがい
  23. パソコン教室の授業内容
  24. パソコン教室の入会契約
  25. パソコン教室の講師のスキルアップ
比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する