英会話教室における「ALT」の派遣要員の求人

業界:教育、学習塾・予備校

80views

imasia_11234134_M

 

今後も公立小学校で増加し続けるALTの派遣求人

 英会話教室のサイトを見ていますと、時々<ALT>というアルファベット3文字の略語らしいものを目にしますが、そもそもこのALTとは何のことなのでしょうか。ALTはAssistant Language Teacherの頭文字を取った略語です。つまり3つの単語の意味のごとく、外国人の英語指導助手のことを指します。メイン指導員(講師)のサポートをして、生徒の指導に当たるのが約目です。

 

 これは公立の小学校で採り入れられた英語授業に当たる講師のことを言うのであって、民間の英会話教室ではあまり使われていません。とは言え、今後は民間でもよく使われるようになることが予想されています。それは、今後小学校の英語授業で必要になるALTを民間の英会話教室が求人募集して、児童英語指導に関する一定の教育を施したうえで、ALTとして小学校の指導現場に派遣することが多くなると予想されるからです。

 

 英会話と言っても、大人を指導するのと子どもを指導するのでは、その方法に大きな違いがあります。外国人講師の場合は往々にして大人に対しての指導法を知っていても、子どもに対しては知らない場合が多い傾向がありますから、あらかじめ研修などで指導方を習得させる必要があるのです。したがって、こうした指導に適しているのが児童英語指導法のノウハウを持っている児童英語教室ということになるのです。

 

  • ALT(Assistant Language Teacher)は公立小学校で日本人講師の英語の授業をサポートする外国人指導員のことを指す。
  • ALTは自治体側で直接雇用をするのが一般的であったが、英会話教室などが採用した上で自治体側に派遣する形が今後ますます増えていくと予想されている。

 

今後ALTの求人が増加すると予想される理由

 民間の児童向け英語教室は、今後ALTの需要が急激に増えてくると予想されています。これについては他の項でも再三触れていますが、改めて確認していきましょう

 

 目下のところ、公立小学校で採りいれられている英語授業の対象は5~6年生だけです。しかし数年後にはこれが3年生以上に拡大されることが決まっています。したがって、近い将来には英語を学ぶ小学生の数は一気に倍増します。

 

 具体的な数で言いますと、数年後には約440万人もの小学生が英語を学ぶことになるのです。これだけの数に英語を教えるとなると、いったいどれぐらい多くの英語教師が必要になるのでしょうか。しかもその何分の1かはALTが占めるのです。

 

 これだけ考えても今より倍近いALTが必要になることは明らかです。こうしたALTは各地の教育委員会が民間に求人募集を依頼する事が多くなっています。それに応じて、ALTを派遣するのが民間の英語教室が急増するのです。

 

  • 現在、英語授業が必修化されているのは小学校5~6年生のみだが、数年後には3~4年生にまで対象が拡大される。
  • そのため生徒数は一気に2倍近くになるので、必要となるALTも急増する。

本記事は2016/09/20の情報で、内容は教育、学習塾・予備校での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

教育、学習塾・予備校に関連する基礎知識

英会話教室の求人・転職事情

  1. 英会話教室業界の転職動向
  2. 英会話教室における採用職種
  3. 英会話教室の年収相場
  4. 英会話教室へ転職時の履歴書のポイント
  5. 英会話教室へ転職時の志願動機のポイント
  6. 英会話教室への転職に適した年齢
  7. よくある英会話教室への転職理由
  8. 英会話教室への転職で失敗しないために
  9. 日本人講師の求人
  10. 外国人講師の求人
  11. 事務職の求人
  12. 営業職(セールス)の求人
  13. マネージャーの求人
  14. 受付の求人
  15. フランチャイズ経営者の求人
  16. 新規開発統括責任者の求人
  17. カウンセラーの求人
  18. 正社員求人
  19. 派遣求人
  20. アルバイト求人
  21. 社会人(ビジネス)向け英会話教室の求人
  22. 英会話教室での独立・開業について
  23. オンライン英会話教室の求人
  24. ALTの求人
  25. 小学校英語補助教員の求人
  26. 児童用英会話教室の求人

パソコン教室の求人・転職事情

  1. パソコン教室の転職動向
  2. パソコン教室の仕事内容
  3. パソコン教室の採用職種の分類
  4. パソコン教室の転職と自己PR
  5. パソコン教室の転職と面接
  6. パソコン教室の転職と資格
  7. パソコン教室と学歴
  8. 正社員の求人
  9. 契約社員の求人
  10. パートの求人
  11. 常任講師の求人
  12. 残業が少ない求人
  13. 高収入の求人
  14. 経営が学べる求人
  15. 20代の転職例
  16. 30代の転職例
  17. 40代の転職例
  18. 50代の転職例
  19. パソコン教室の将来性
  20. パソコン教室の適性(向き・不向き)
  21. パソコン教室の福利厚生
  22. パソコン教室のやりがい
  23. パソコン教室の授業内容
  24. パソコン教室の入会契約
  25. パソコン教室の講師のスキルアップ
比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する