英会話教室の派遣求人

業界:教育、学習塾・予備校

64views

imasia_6515406_M

 

英会話教室のインストラクター(講師)は派遣求人も多い

 インターネット上で求人を探していると、他の業種に比べて英会話教室には派遣の求人が意外と多いことに気がつきます。これは英会話教室の仕事がインストラクターのように専門的な仕事が多いことと、フルタイムでなくても勤まる職種が多いからです。また、営業時間が夜間にも及びますから、一般的なオフィスの勤務時間と異なることもあって、求人対象が限定されます。こうした特殊な条件が派遣の仕事に向く一因です。

 

 英会話教室の職種は「インストラクター」「受付」「カウンセラー」「セールス」「事務」「マネージャー」などがあります。しかし、こうした職種がすべて派遣に向くかと言えば、そうでもありません。この中でフルタイム勤務が必要なのは「セールス」と「マネージャー」になります。したがって、この二つの職種は必ずしも派遣に向くとは言えません。

 

 一番派遣に向いている職種といえば、やはり「インストラクター」と言えるでしょう。一般的に、専門性の高い仕事や時間的に何らかの制約がある仕事が派遣に向いていると言われています。インストラクターはそのどちらの条件も備えた職種ですから、特に派遣に向いた職種だと言えるのです。

 

  • 時間的な制約があることや専門性が高いことから、インストラクター(講師)の求人には派遣のケースも多い。

 

英会話教室自らが派遣スタッフの求人を行うこともある

 求人というものは、派遣会社を除いては自社で勤務する社員を募集するのが普通です。しかし、最近の英会話教室には例外があります。それは自社で働くための社員の求人ではなく、他の職場へ派遣する社員の求人募集を行うケースです。

 

 具体的には、英会話会社が契約した外国人講師や日本人英語講師を公立小学校へ英語教師として派遣するのです。もちろん、採用してすぐ派遣するのではなく、研修などで小学校英語授業のために必要なスキルを授けた上で派遣するのです。この場合外国人は<ALT>(Assistant Language Teacher)と呼ばれ、日本人講師は<英語補助教員>と呼ばれます。

 

 最近こうしたケースが増えてきたのは、公立小学校の授業に英語が科目として採り入れられたからです。いまのところ対象は5~6年生ですが、近い将来は3年生以上に拡大されますから、そうなると更に大量のALTと補助教員が必要になります。そうなると、英会話教室のこうした派遣分野の求人は更に増えてくると予想されます。なおこの場合における派遣の発注者は、各地区の教育委員会ということになります。

 

  • 最近では英会話企業が派遣事業を行うケースが増えてきている。
  • 講師(外国人・日本人ともに)をALTや英語補助教員として、小学校に派遣することが多い。今後この需要は増えていくと予想されている。

本記事は2016/09/16の情報で、内容は教育、学習塾・予備校での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

教育、学習塾・予備校に関連する基礎知識

英会話教室の求人・転職事情

  1. 英会話教室業界の転職動向
  2. 英会話教室における採用職種
  3. 英会話教室の年収相場
  4. 英会話教室へ転職時の履歴書のポイント
  5. 英会話教室へ転職時の志願動機のポイント
  6. 英会話教室への転職に適した年齢
  7. よくある英会話教室への転職理由
  8. 英会話教室への転職で失敗しないために
  9. 日本人講師の求人
  10. 外国人講師の求人
  11. 事務職の求人
  12. 営業職(セールス)の求人
  13. マネージャーの求人
  14. 受付の求人
  15. フランチャイズ経営者の求人
  16. 新規開発統括責任者の求人
  17. カウンセラーの求人
  18. 正社員求人
  19. 派遣求人
  20. アルバイト求人
  21. 社会人(ビジネス)向け英会話教室の求人
  22. 英会話教室での独立・開業について
  23. オンライン英会話教室の求人
  24. ALTの求人
  25. 小学校英語補助教員の求人
  26. 児童用英会話教室の求人

パソコン教室の求人・転職事情

  1. パソコン教室の転職動向
  2. パソコン教室の仕事内容
  3. パソコン教室の採用職種の分類
  4. パソコン教室の転職と自己PR
  5. パソコン教室の転職と面接
  6. パソコン教室の転職と資格
  7. パソコン教室と学歴
  8. 正社員の求人
  9. 契約社員の求人
  10. パートの求人
  11. 常任講師の求人
  12. 残業が少ない求人
  13. 高収入の求人
  14. 経営が学べる求人
  15. 20代の転職例
  16. 30代の転職例
  17. 40代の転職例
  18. 50代の転職例
  19. パソコン教室の将来性
  20. パソコン教室の適性(向き・不向き)
  21. パソコン教室の福利厚生
  22. パソコン教室のやりがい
  23. パソコン教室の授業内容
  24. パソコン教室の入会契約
  25. パソコン教室の講師のスキルアップ
比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する